退職代行に罪悪感はいらない3つの理由!罪悪感はいりませんよね

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 このブログは、主に職場の人間関係について書いているブログです。人間関係の悩みは、深いものがありませんか?こういった悩みは、どんな職業でもあると思うんです。ブログの主は、工場勤務がほとんどですが、お役に立てれば幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

罪悪感でいっぱいです。

こんにちは

「退職代行に頼りたいけど、本当に使ってもいいのかな?」って、こんな感じで退職代行を使うことで罪悪感を感じていませんか?

退職のことは自分で言わなくてはいけないのに、悩んでしまいますよね。

しかし、退職のことを言い出せない、環境をつくり出した会社にも責任はあります。

退職代行を使わせようとまで、会社が追い込んでしまったからです。

そんな会社ですから、罪悪感はいりませんよね。

この記事で参考になることです
  • 退職代行に罪悪感を感じるのは仕方がないこと
  • 罪悪感を感じなくてもいい理由とは?
  • 「退職代行=悪い」では、ありません

などなど、参考にしてみてください。

罪悪感を感じてしまう理由は?

どういったことで、罪悪感を感じてしまうのでしょうか?

・自分で伝えなければと思っている
・残った人に迷惑をかけてしまいそう
・なにも言わずに、突然辞めることになるから

自分で伝えなければと思っている

退職をするときは、退職の意思を伝えないといけませんよね。

それは、自分で伝えないといけないと思っているのでしょうか?

しかし、必ずしもそうではないと思うんですよね。

自分から言い出せない環境をつくりだした、会社にも問題があるからです。

例えば、

  • 話かけると、理不尽に怒鳴り散らす上司
  • 退職届を受け取ってくれない
  • 退職の話をしても、うやむやにされる

などなど、こういったことですね。

まず、理不尽に怒鳴り散らす上司は話になりません。

退職することを報告しても、うやむやにされたら、退職の意思があっても辞められなくなってしまいます。

一番まずいのは、会社に何も言わないでバックレてしまうことです。

バックレてしまうと、会社から鬼電がきたり、後から難癖をつけてくる可能性があるからです。

どんな形にしても、退職の意思は伝えないといけません。

それが、退職代行だって良いと思うんですよね。

退職を認めてくれない会社が、いけないんですからね。

残った人に迷惑をかけてしまいそう

職場で一人いなくなると、忙しくなって迷惑がかかると思っていませんか?

もしかすると、そう思ってしまうかもかもしれませんが、そんなことはありません。

職場が忙しくなってしまうのは、会社に責任があるからです。

会社が必要な人材を、きちんと確保できていなかったからですね。

人材確保は会社の責任なので、あなたが悪いわけではないので責任はありません。

一人いなくなって忙しくなるような職場は、会社に問題があるといってもいいでしょう。

ですので、迷惑をかけてしまうと、罪悪感を感じる必要はありませんね。

なにも言わずに、突然辞めることになるから

退職代行を使って突然辞めると、罪悪感を感じてしまうかもしれません。

例えば、「お世話になったあの人に、なにも言えなかった」といった感じでしょうか?

しかし、言えなかったとしても、仲が良かった人には後から伝えればいいと思うんですよね。

仲が良かったら連絡先も、知っていたりすると思うんです。

連絡先を知っていれば、後から連絡ができますからね。

しかし、連絡先を知らなくてどうしても伝えたければ、退職代行を使う前に伝えておくのも一つの方法です。

そうすれば、少しでも罪悪感を減らすことができそうですね。

ですが、広まってしまうのが心配があるのでしたら、誰にも言わない方がいいでしょう。

退職代行に罪悪感を感じるのは仕方のないことです

退職代行を使うのに罪悪感を持ってしまうのは、仕方のないことだと思うんですよね。

罪悪感を持ってしまうほど、悩んだからです。

おそらく、会社に迷惑をかけてはいけないと思っていたし、まじめに仕事に取り組んできた証拠でもあります。

退職をするときも、バックレたりしないで正規の手順で円満退職しようとしている、とてもまじめな考え方だと思います。

これは、素晴らしいことだと思うんですよね。

ですが、嫌な思いをさせた会社だったなら、罪悪感を持つ必要はありません。

そこまで考えさせた、会社がいけないんですからね。

罪悪感を感じなくてもいい理由

次のことは、罪悪感を感じなくてもいい理由ですね。

・退職することは労働者の権利
・原因は会社にもあるから
・開き直って考えてみる

退職することは労働者の権利

退職することは労働者の権利です。

職業の選択は自由になっているので、会社に入るのも辞めるのも自由ということですよね。

職業選択の自由

憲法22条1項は「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。」と規定する。

引用元:Wikibooks 職業選択の自由

民法第627条

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用元:Wikibooks 民法第627条

しかし、入ることはできても、辞めることを会社が許してくれないのは、おかしな話です。

そんな会社に退職代行を使うことで、罪悪感を持たなくてもいいと思うんですよね。

自由である権利を、認めてくれないのですから。

原因は会社にもあるから

退職代行を使おうと思わせた、会社にも原因はあると思うんですよね。

例えば、

  • いじめやパワハラが横行している職場
  • 強制してくるサービス残業
  • 会社を休むと嫌な顔をされる

などなど、こういったことですね。

こんなことが頻繁にあると嫌になってくるし、ストレスも溜まってきます。

こういった劣悪な環境を、つくり出した会社にも責任はありますからね。

もし、会社がなにか言ってきても、気にする必要はありません。

今まで嫌な思いをしてきた事実は、変わらないですからね。

ですので、退職代行を使うことで罪悪感を持つ必要もありません。

開き直って考えてみる

開き直って考えてみることも、一つの方法だと思うんですよね。

罪悪感を持って考えすぎても、答えが出ないかもしれないからです。

例えば、「退職代行を使おうと思わせるまで、自分を追い込んだ会社にも責任がある」といった感じで考えてみるとかですね。

こんな感じで「会社にも責任がある」と、開き直って考えてみると罪悪感を減らすことができそうです。

「退職代行を使わせた、あなた達が悪い」くらいに思ってください。

退職代行を使ってもいい理由

次のようなことがあれば、退職代行を使ってもいい理由になるでしょう。

・交渉するだけ時間の無駄だから
・話にならないから
・どうしても会社に行くのが無理だから

交渉するだけ時間の無駄だから

退職を申し出ると、引き止めに遭ってしまう可能性があります。

たいていの場合は、上司が引き止めてくるでしょう。

例えば辞められると、

  • 自分の評価が下がってしまう
  • 人手が足らなくなると忙しくなる

などなど、こういったことを考えている上司もいます。

こんな感じだと上司と交渉しても、時間の無駄だと思うんですよね。

あなたのことは何も考えてないで、自分のことしか考えてないからです。

こういった上司は、自分の保身だけをしていると言えるでしょう。

こんな職場の上司だと、交渉しても時間の無駄ですね。

話にならないから

退職の話を切り出しても、話にならないこともあると思うんですよね。

例えば、

  • 退職届を受け取ってくれない
  • 話を後回しにされる
  • 退職の話をしたら怒鳴ってくる

などなど、こういったことですね。

こんな感じだと、退職の意思を伝えられないので、話にならないと思うんですよね。

会社が話の場を持ってくれなければ、こちらも罪悪感を感じることもないでしょう。

あまりにも、一方的すぎますからね。

どうしても会社に行くのが無理だから

どうしても、会社に行くことができないことも、あると思うんですよね。

例えば会社に行こうとすると、

  • 吐き気がする
  • 足が動かない
  • 涙が出てくる

などなど、こんな感じの拒否反応が出てくることもあると思います。

こんな感じになると、もう本当に駄目なんですよね。

僕も会社に行こうとしたら、吐き気がして行けないことがありました。

こんなサインが出たら、体の限界かもしれません。

こんなことになったら、罪悪感を感じなくてもいいと思うんですよね。

会社よりも、自分を大切にしてください。

「退職代行=悪い」ことではありません

退職代行を使おうとして、罪悪感を感じるのは仕方のないことだと思うんです。

ですが、退職代行を使うのは悪いことではありません。

会社に退職の意思を、伝えようとしているからです。

むしろ、「バックレたりしないで、退職の意思は伝えなくてはいけない」という、正しい判断が出来ているとも言えます。

それを、自分に代わって、退職代行に伝えてもらう方法を選ぶということですからね。

そして、「退職代行を使おう」と思った状況になったのも、会社にも原因があります。

もう、十分苦しんだのでしたら、罪悪感を感じなくてもいいと思うんですよね。

自分を追い込みすぎていると思いますし、自分を楽にしてあげてください。

罪悪感はいらない、退職代行でスッキリと

もう、会社に行くのが「嫌だ」「無理だ」というのでしたら、退職代行を使ってもいいと思うんですよね。

退職代行を使おうと思ったのも、悩みに悩んだ末の答えだからです。

きっと、その悩みから「退職代行を使ってもいいのか?」という、罪悪感も出てきてしまったのでしょう。

それだけまじめに考えて出た、答えだと思うんですよね。

僕も会社を辞めたことがありました。

しかし、なかなか退職のことが言えないで、半年くらい悩んでしまいました。

僕が辞めた当時は、まだ退職代行がなかったんですよね。

もし、辞めた当時に退職代行あったら、迷わずに使っていました。

本当に嫌な会社だったんです。

行くのが無理だと思ったら、本当に無理なんですよね。

もう、会社に行くのが無理でしたら、迷わずに退職代行に頼ってください。

嫌な会社のことを考えずに済む、スッキリとした朝を迎えられますからね。

こちらは、おすすめの退職代行サービスですので、良かったら参考にしてみてください。

サービス名タイプ特徴
退職代行ニコイチ民間業者創業17年の実績とノウハウがあるサービス
退職代行ガーディアン労働組合東京都労働委員会に認証されているサービス
退職110番弁護士事務所労働問題に強い弁護士法人のサービス

退職代行サービスについては、こちらの記事も良かったら参考にしてみてください。

>>>さらに詳しくはこちらから!

>>>退職代行の種類別に知りたい方はこちらから!

まとめ

「退職代行に罪悪感はいらない3つの理由!罪悪感はいりませんよね」のまとめは、

  • 罪悪感を感じてしまう理由は?
  • 退職代行に罪悪感を感じるのは仕方のないことです
  • 罪悪感を感じなくてもいい理由
  • 退職代行を使ってもいい理由
  • 「退職代行=悪い」ことではありません
  • 罪悪感はいらない、退職代行でスッキリと

退職代行を使うことで、罪悪感を感じてしまうのは仕方のないことだと思うんです。

自分に代わって、退職の意思を伝えてもらうんですからね。

しかし、退職代行を使わせようとした会社にも責任があります。

そこまで、あなたを追い込んでしまったんですからね。

本当に嫌な会社でしたら、退職代行でスッキリしてしまいましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次のおすすめ記事

>>>退職代行おすすめ8選!選び方やメリット・デメリットなどの紹介

>>>退職代行サービスの種類は?メリットやデメリットなども紹介

スポンサーリンク

悩める方に読んでほしい記事です

この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 このブログは、主に職場の人間関係について書いているブログです。人間関係の悩みは、深いものがありませんか?こういった悩みは、どんな職業でもあると思うんです。ブログの主は、工場勤務がほとんどですが、お役に立てれば幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© 普通の工場マンのブログ , 2022 All Rights Reserved.