※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【悩む必要なし!】退職代行で罪悪感なくストレスフリーな退職を叶える!

退職代行に罪悪感は必要なし 会社を辞めたい
  • 退職代行に頼るのは、いけないような気がする…
  • 残った人に迷惑がかかりそう…
  • なにも言わずに辞めるのは、申し訳ない…

「退職代行に頼りたいけど、悪いことのような気もする…」って、退職代行に頼りたいけど罪悪感に悩まされていませんか?

上司に退職の意思を伝えなくてはいけないのに、なかなか言い出せなくて悩んでしまうこともありますよね。

しかし、退職の意思を伝えられない状況は、会社が適切な労働環境を提供していない結果とも言えます。

そんな会社に対して、罪悪感を持つ必要はありません。退職代行は、円満退職をするための頼れるパートナーです。

自分にとって最適な選択をするための、有効な選択肢のひとつになるでしょう。

・退職代行に罪悪感を感じるのは仕方がないこと
・罪悪感を感じなくてもいい理由とは?
・「退職代行=悪い」では、ありません

退職代行に頼るときの罪悪感とは?

退職代行に頼るときの罪悪感とは?

退職代行を利用することに、罪悪感を感じる人は少なくありません。

まじめに仕事に取り組んできた人ほど、会社に迷惑をかけることへの責任感から、どうしても後ろめたくなるからですね。

ですが、パワハラや長時間労働など、理不尽な扱いを受けている場合は話は違ってきます。退職代行に頼るほど追い込んだのは、会社の責任と言えるからですね。

もちろん、円満な退職をするのが理想的です。しかし、心や体がおかしくなる前に、自分にとって最善の手段を選ぶことも大切です。

罪悪感にとらわれず、退職代行を含めて自分に合った方法で退職しましょう。また、周囲に相談したり、専門家に助けを求めたりするのも有効ですね。

罪悪感を感じてしまう理由

  • 自分で伝えなければいけないと思っている
  • 残った人に迷惑をかけてしまいそう
  • なにも言わずに、突然辞めることになるから

自分で伝えなければいけないと思っている

自分で伝えなければいけないと思っている

一般的には、退職を希望するときに、自分から会社に意思を伝える必要があります。しかし、理不尽な対応や妨害を受けるなど、 退職の意思を伝えづらい状況のケースも少なくありません。

例えば、理不尽な状況とは、次のような状況があります。

  • 退職の話をすると、理不尽に怒鳴り散らされる
  • 退職の話をしても、うやむやにしてくる
  • 退職届を受け取ってくれない

このような理不尽な対応を受けた場合は、冷静な話し合いが困難になってしまいます。また、退職をあきらめてしまう可能性もありますよね。

退職の意思を、伝えられない状況にしているのは会社の問題です。罪悪感にとらわれず、自分に合った方法で退職しましょう。

どんな方法になったとしても、会社に退職の意思を伝える必要があります。退職代行に頼ったとしても、正当な理由があればそれは問題ではないと思うんですよね。

ですので、自分で伝えることができない状況をつくっている、会社に問題があるといえるでしょう。

残った人に迷惑をかけてしまいそう

残った人に迷惑をかけてしまいそう

自分が退職をすることで、残った人に迷惑をかけてしまうと思う人も、少なからずいると思います。一人が辞めることで、残った人の負担が増えると考えるからですね。

ですが、人材確保は会社の責任です。

辞める人が悪いわけではありませんし、もちろん責任はありません。

一人居なくなって忙しくなるような職場は、会社に問題があると言ってもいいでしょう。忙しくなったとしても、会社に責任があるので罪悪感を感じる必要はありませんね。

なにも言わずに、突然辞めることになるから

なにも言わずに、突然辞めることになるから

退職代行サービスを利用して突然会社を辞めると、罪悪感を感じる人も多いでしょう。お世話になった人に、なにも言わないで辞めることになるからですね。

ですが、退職代行を利用したとしても、連絡先がわかれば後から連絡をすることができます。

また、連絡先がわからなくても退職代行を利用する前に、辞めようと思っていることを伝えるのもひとつの方法ですね。

しかし、退職することが知られることを、心配する人もいると思います。

そういったときは、なにも言わずに退職代行を利用する選択肢もあります。最終的には、自分の気持ちや状況に合わせて、慎重に判断することが大切ですね。

罪悪感を感じなくてもいい理由

  • 退職することは労働者の権利
  • 原因は会社にもあるから
  • 開き直って考えてみる

退職することは労働者の権利

退職することは労働者の権利

会社に入社することは本人の意思で自由に選択できますが、退職が認められないケースも存在します。

会社に辞めさせてもらえない、という悩む人も少なくありません。

職業選択の自由

憲法22条1項は「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。」と規定する。

引用元:Wikibooks 職業選択の自由

民法第627条

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用元:Wikibooks 民法第627条

会社に入ることができるのに、会社を辞めることが認められないのはおかしな話ですよね。今後のことを考えて、適切なタイミングで退職する権利があるからです。

会社が認めてくれない場合は、退職代行サービスを利用するのも有効な手段のひとつですね。

原因は会社にもあるから

原因は会社にもあるから

退職代行の利用を検討するほど、つらい職場環境に置かれているのかもしれません。

例えば、

  • いじめやパワハラが横行している職場
  • 強制してくるサービス残業
  • 会社を休むと嫌な顔をされる

こんな状況がつづけば、誰でも疲れ果ててしまいますよね。会社が原因で心身が苦しんでいるのに、さらに罪悪感を感じてしまうのでしょう。

会社からなにか言われたとしても、気にする必要はありません。なぜなら、今抱えている問題は、会社の責任だからですね。

むしろ、あなたの心身を守るために、退職代行という選択肢を検討することは当然の権利です。

ですので、退職代行に頼ったとしても罪悪感を持つ必要はありません。

開き直って考えてみる

開き直って考えてみる

退職代行を使うことで罪悪感があるときは、考え方を少し変えてみましょう。会社にも責任があると、考えられるからですね。

例えば、次のような状況なら、会社にも責任があると言えるでしょう。

  • 上司からのパワハラやハラスメントがある
  • 長時間労働やサービス残業が当たり前になっている
  • プライベートを犠牲にするような働き方を強要する

こんな感じの状況では、無理に会社に残りつづけようとすると、心身ともに疲れる可能性があります。退職代行を利用してでも、こういった状況から自分を守ることも大切ですね。

退職代行を使うことに、罪悪感を感じる必要はありません。

むしろ、自分を第一に考えることが大切です。会社にも責任があることを忘れずに、退職代行を使うことで罪悪感を持たなくてもいいですね。

心も体も、大切な資本です。自分を一番に考えて、無理のない選択をしてくださいね。

退職代行を使ってもいい理由

  • 交渉するだけ時間の無駄だから
  • 話にならないから
  • どうしても会社に行くのが無理だから

交渉するだけ時間の無駄だから

交渉するだけ時間の無駄だから

退職を申し出ると、上司から引き止められる可能性があります。退職を希望する多くの人が、経験するよくあるケースですね。

例えば、上司が引き止めてくるときは、次のような理由があります。

  • 自分の評価が下がってしまう
  • 人手が足らなくなると忙しくなる

このような上司との交渉は、時間の無駄と言ってもいいでしょう。なぜなら、自分の保身だけを考えているので、あなたのことは全く配慮していないからです。

んな感じの上司と交渉しても、時間の無駄ですよね。

話にならないから

話にならないから

退職前にスムーズに話し合いを進めたいのに、なかなか話がまとまらないこともあります。

例えば、次のようなことが考えられますね。

  • 退職届を受け取ってもらえない
  • 話し合いが後回しにされる
  • 退職の意思を伝えると怒鳴られる

こういった状況では、退職の意思をきちんと伝えることが難しくなり、話し合いがまとまりません。

どうしても話し合いがまとまらないときは、退職代行を利用することを、ひとつの選択肢として考えてみてください。

どうしても会社に行くのが無理だから

どうしても会社に行くのが無理だから

どうしても、会社に行けない状況は誰にでも起こることがあります。

例えば、会社に行こうとすると、

  • 吐き気がする
  • 足が動かない
  • 涙が出てくる

などなど、SOSサインはさまざまあると思います。無理に我慢しないで、自分の状態に耳を傾けることも大切ですね。

SOSのサインが出たら、体の限界と考えてもいいでしょう。こんなことになったら、退職代行に頼っても罪悪感を感じなくてもいいと思うんです。

ですので、どうしても会社に行くのが無理だと思ったら、退職代行に頼っても仕方がないでしょ
う。

一人抱え込まず、周囲に助けを求めることも大切です。退職代行も、その選択肢のひとつになりますね。

周囲の人に助けを求めることは、決して悪いことではありません。

退職代行のメリットとデメリット

退職代行のメリットとデメリット

メリット

  • 自分から、退職の意思を伝えなくていい
  • 嫌いな上司に、会わなくても退職できる
  • 精神的な負担を減らせる

自分から、退職の意思を伝えなくていい

退職の話を切り出したいけど、なかなか言い出せないこともあると思います。

退職の意思を伝えづらいときは、退職代行もひとつの選択肢です。退職代行サービスなら、自分の代わりに会社に退職を伝えてくれるからですね。

  • パワハラ上司に怒鳴られそうで怖い
  • 上司が忙しそうで話しかけにくい
  • 引き止められそうな感じがする

などなど、さまざまな理由が考えられます。

こういった状況なら、退職代行サービスに依頼するのが、スムーズに退職を進めるための有効な選択肢になりますね。

嫌いな上司に、会わなくても退職できる

退職をするときに、嫌いな上司に会いたくと思うのはよくあることです。理不尽に怒鳴られたり、パワハラを受けたなど、嫌な思いをしたことが蘇るからですね。

退職代行サービスを利用すれば、嫌いな上司に会う必要はありません。自分の代わりに、退職の手続きを行ってくれるからです。

退職代行サービスを利用して、ストレスなく退職を進めるのがいいですね。

精神的な負担を減らせる

退職を伝えるときに、精神的な負担を減らしたいときは、退職代行の利用がおすすめです。会社と関わらないので、負担を減らせるからですね。

例えば、

  • 直接のやり取りがないので、ストレスを減らせる
  • パワハラやいじめから解放される
  • 過酷な労働環境から解放される

こんなことがあると、精神的に大きな負担がかかりますよね。

退職代行サービスは、自分を守るための有効な選択肢のひとつです。退職代行を利用することで、精神的な負担を減らせることができますね。

デメリット

  • 費用がかかってしまう
  • 業者によっては、悪質な場合もある
  • 退職後の不安

費用がかかってしまう

退職代行サービスは、自分の代わりに退職を伝えてくれるサービスです。

費用は3万円~6万円と、決して安くはありません。ですが、パワハラや長時間労働など、会社に退職を言いづらい状況では、精神的な負担を大きく減らしてくれます。

特に、パワハラや長時間労働などつらい状況なら、そのメリットは大きいと言えるでしょう。

退職代行サービスは、会社に退職を言いづらい状況で大きな助けになります。費用はかかりますが、精神的な負担を減らせるメリットは大きいですね。

業者によっては、悪質な場合もある

退職代行はたくさんのサービスがあり、なかには悪質な業者もあるので選ぶときには注意が必要です。

依頼してみたところ、退職手続きが進まなかった、連絡が取れなくなったなど、トラブルに発展するケースも見られます。

こういったトラブルを防ぐために、次のポイントに注意して退職代行を選ぶのがいいですね。

  • 実績や評判を確認する
  • 料金体系を比較する
  • 無料相談を利用する

これらのポイントを参考にして、自分に合った退職代行サービスを見つけるのがいいですね。

こちらの記事では、さらに詳しく退職代行サービスを紹介しています!

≫自分に合った退職代行サービスを探してみる

退職後の不安

退職代行は、会社との交渉や手続きを代行してくれる便利なサービスです。人によっては、突然辞めることもあるので、生活費が苦しくなる可能性もあります。

すぐに再就職できない、十分な貯蓄がないときは、退職後に収入が無くなり、生活が苦しくなることも考えられるからですね。

そんな不安があるときには、社会保険給付金という制度が役立ちます。失業手当や傷病手当金など、さまざまな種類の給付金を受けられる制度です。

しかし、「よくわからない?」「手続きが複雑」など、不安を感じる人も多いでしょう。

そこで、社会保険給付金受給サポートの利用を検討してみるのもおすすめです。専門家が受給可能性を判断し、申請手続きをサポートしてくれるので安心して利用できます。

費用はかかりますが、退職後の生活を安定させるために有効な手段のひとつです。退職後の生活が不安な人は、ぜひ社会保険給付金受給サポートを検討してみてください。

社会保険給付金を受け取りながら、つらい会社で疲れた体をゆっくりと休めるのもいいですよね。

≫社会保険給付金サポートとは?

「退職代行=悪い」ことではありません

「退職代行=悪い」ことではありません

退職代行を利用しようと考えている人のなかには、「悪いことをしているのではないか?」と罪悪感を感じている人も多いのではないでしょうか。

ですが、退職代行を使うことは決して悪いことではありません。 むしろ、自分自身を守るための有効な選択肢のひとつになります。

例えば、退職代行には、次のようなメリットがあります。

  • 自分から退職の意思を伝えなくていい
  • 嫌いな上司に会わずに済む
  • 精神的な負担を減らせる

もちろん、退職代行を利用するときは、料金やサービス内容をよく確認してから依頼するようにしましょう。信頼できる業者を、選ぶことが大切だからですね。

また、自分に代わって代行してくれるので、面倒な手続きや書類の準備もスムーズに進められます。

退職代行は、あなたを苦しい状況から救うための頼もしい味方です。 罪悪感を持たずに、苦しい状況から抜け出すために、ぜひ検討してみてくださいね。

こちらの記事では、さらに詳しく退職代行サービスを紹介しています!

≫おすすめの退職代行サービスはこちら

後悔なし!ストレスフリーで退職

後悔なし!ストレスフリーで退職

会社に行くのがつらすぎたり、自分から退職の意思を伝えられないときは、退職代行がいい選択肢になります。

もう限界と感じたら、ためらわずに退職代行に頼ってください。悩みに悩んだ結果、退職代行に頼ろうと思ったからです。

退職代行は、つらい状況に置かれている人にとって、心強い味方となってくれるでしょう。

退職代行に頼らず、自力で円満退職を実現するために、アドバイスを受けることができるサービスもあります。

≫セルフ退職ムリサポ!とは

まとめ

この記事のまとめは、

  • 退職代行に罪悪感を感じるのは仕方のないことです
  • 自分を追い込んだ会社に責任がある
  • 「退職代行=悪い」ことではありません

退職代行を使うことで、罪悪感を感じてしまうのは仕方のないことだと思うんです。

退職代行は、あなたを苦しめている会社から解放するための心強い味方です。会社に退職の意思を伝え、円満な退職ができるようにサポートします。

退職代行に、罪悪感を感じる必要はありません。退職代行を使わせようとした、会社にも責任があるからですね。

本当に嫌な会社でしたら、退職代行でスッキリしてください。ストレスのない環境を、手に入れましょう。

退職代行選びに迷ったら、退職代行モームリがおすすめです。

退職代行モームリ

もう無理と感じたら、退職代行モームリ
 
「会社を辞めたいけど、言い出せない…」退職代行モームリは、あなたに代わり会社に退職の意思を伝えます。
 
退職代行モームリの3つの強み
1.安心の労働組合と弁護士監修
2.業界初の店舗型サービス
3.24時間365日対応
 
退職代行モームリなら、あなたの負担を減らして円満退職を実現します。

≫こちらの記事では退職代行を厳選して紹介しています

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
もう無理と感じたら、退職代行モームリ

もう無理と感じたら、退職代行モームリ
 
「会社を辞めたいけど、言い出せない…」退職代行モームリは、あなたに代わり会社に退職の意思を伝えます。
 
退職代行モームリの3つの強み
1.安心の労働組合と弁護士監修
2.業界初の店舗型サービス
3.返金保証あり
 
退職代行モームリなら、あなたの負担を減らして円満退職を実現します。

会社を辞めたい退職代行
コトガワをフォローする

コメント

パワハラや長時間労働で、心身ともに限界を感じていませんか?もう無理な会社は、退職代行モームリが円満な退職を実現します。
今すぐ無料相談
パワハラや長時間労働で、心身ともに限界を感じていませんか?もう無理な会社は、退職代行モームリが円満な退職を実現します。
今すぐ無料相談
タイトルとURLをコピーしました