自分に合った退職代行サービスとは?種類とメリットを徹底解説

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

退職代行の種類とメリット 会社を辞めたい

「退職代行サービスの種類について、もっと詳しく知りたい」と、悩んでいませんか?

退職代行サービスとは、自分の代わりに退職の意思を伝えてくれるサービスです。

退職代行サービスは、主に「民間業者」「労働組合」「弁護士事務所」の3つの種類があります。

それぞれのサービスの種類には、料金や対応できる範囲の違いがありますので、自分に一番合ったサービスに依頼するのが大切です。

また、退職代行サービスを利用することで、嫌な上司などに会わずに済んだりするので、ストレスを減らせるなどのメリットもあります。

この記事では、退職代行サービスの種類やそれぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

\種類別のおすすめ退職代行サービス/

サービス名タイプ特徴
退職代行ニコイチ民間業者創業18年の実績とノウハウがあるサービス
退職代行ガーディアン労働組合東京都労働委員会に認証されているサービス
退職110番弁護士事務所労働問題に強い弁護士法人のサービス

\スムーズな退職を実現/

退職代行サービスとは?

退職代行サービスとは、自分に代わって退職の意思を伝えてもらうサービスです。

自分の代わりに伝えてくれるので、会社や上司に自分から言う必要がありません。

しなし、なかには自分で退職の意思を伝えることが難しく、困難な状況にいる人もいます。

例えば、困難な状況は、

  • 上司が怖くて言い出せない
  • 無理な引き止めをしてくる
  • 退職届を受け取ってくれない

などなど、退職が難しい理由がいくつか考えられます。

こういった困難な状況の場合は、退職代行に頼るのもひとつの選択肢です。

退職代行を利用すれば、自分で直接伝える必要がないため、精神的な苦痛も減らすこともできます

ですので、自分から伝えなくてもいいので、安心して退職することができますね。

退職代行の種類

退職代行の種類は、大きく分けると次の3つの種類になっています。

  • 民間業者
  • 労働組合
  • 弁護士事務所

民間業者

退職の意思だけを伝える場合は、民間業者でも問題ありません。

しかし、民間業者を選ぶときには、非弁行為にならないか注意が必要です。

非弁行為とは、次のようになっています。

第72条

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:WikiBooks 弁護士法第72条

ですので、退職代行を利用するときは、非弁行為のリスクをできるだけ少なくするために、次の点に注意して民間業者を選ぶのがおすすめです。

  • 弁護士が監修している民間業者
  • 労働組合と提携している民間業者

まず、弁護士監修が行われている民間業者を選ぶのが大切です。

弁護士監修があることで、弁護士の指導のもと非弁行為のリスクを抑えて、適切にサービスが行われるからですね。

また、労働組合と提携している、民間業者も選択肢として考慮してみてください。

労働組合と提携しているサービスは、団体交渉権により会社と交渉ができるサービスもあるからです。

民間業者の退職代行に依頼するときは「弁護士監修」や「労働組合と提携」などの、安心と信頼があるサービスを選ぶのがいいですね。

労働組合

労働組合の退職代行は、退職の意思を伝える他に、団体交渉権で会社との交渉をすることができます。

団体交渉権とは、次のようになっています。

日本国憲法第28条では、

1. 労働者が労働組合を結成する権利(団結権)

2. 労働者が使用者(会社)と団体交渉する権利(団体交渉権)

3. 労働者が要求実現のために団体で行動する権利(団体行動権(争議権))

の労働三権を保障しています。

引用元:厚生労働省 労働組合

しかし、労働組合の退職代行は、法律のことで対応ができません。

もし、法律のことで心配なときは、弁護士事務所の退職代行サービスに依頼するのがいいですね。

弁護士事務所

弁護士事務所の退職代行サービスは、弁護士が提供する退職代行サービスです。

弁護士は法律の専門家なので、あらゆる法律の問題に対応することができます。

例えば、法律に関係することは、

  • 会社から損害賠償請求をされたときの対応
  • 未払い金請求
  • 慰謝料請求

こういった法律のことで心配があるときは、弁護士の退職サービスを選ぶのがおすすめですね。

弁護士が退職手続きをサポートして、法律の問題からしっかりと守ってくれるからです。

ですので、法律のことから会社交渉まで、すべてを任せたいときは弁護士事務所の退職代行に依頼するのがいいですね。

料金の相場

依頼する退職代行によって、サービスの料金は違ってきます。

各サービスの料金の目安は、次のようになっています。

  • 民間業者 3万円前後
  • 労働組合 3万円前後
  • 弁護士事務所 5万~6万円

民間業者の退職代行は、おおよそ3万円前後になっています。

民間業者は料金の安さだけでなく、「弁護士監修」「労働組合と連携」「確実性」なども考慮して選ぶのがいいですね。

労働組合の退職代行も、おおよそ3万円になっています。

金額的にも比較的に手頃で、団体交渉などの対応も行ってくれますのでおすすめです。

しかし、労働組合の退職代行は、法律の問題に対応がすることができません。

法律のことで心配があるときは、弁護士事務所を選ぶのがおすすめです。

弁護士事務所は、おおよその料金は5万円から6万円です。

料金は高めですが、未払い金請求や代理人など、法律の問題に幅広く対応することができます。

ですので、法律のことを含めてすべてを任せたいときは、弁護士事務所の退職代行に依頼するのがいいでしょう。

各サービスの対応できる範囲や料金の違いがあるので、自分のニーズや予算に合わせて退職代行サービスを選ぶのがいいですね。

民間業者の退職代行

退職代行ニコイチ

画像出典:退職代行ニコイチ
サービス名退職代行ニコイチ
タイプ民間業者
料金27,000円(税込)
返金保証あり
対応時間LINE・メール 24時間受付
電話 7:00~23:30
連絡方法電話・メール・LINE
支払方法銀行振込・クレジットカード・電子マネー

退職代行ニコイチは、創業18年の実績がある業界トップクラスの退職代行サービス。弁護士による適正な指導のもとで、退職成功率は100%の実績があります。

サービスを申し込む前の無料相談も可能で、LINE・メールや電話で相談が可能。24時間全国対応で、会社から帰ってきた夜や朝に会社に行く前に相談することもできます。

全額返金保証もあり、料金は27,000円(税込)で低めの料金設定になっています。

\無料相談はLINEでOK/

24時間受付中

≫退職代行ニコイチの詳細はこちら

退職代行モームリ

画像出典:退職代行モームリ
サービス名退職代行モームリ
タイプ民間業者
料金正社員・契約社員 22,000円(税込)
アルバイト 12,000円(税込)
料金(対面)正社員・契約社員・派遣社員・個人事業主・準社員 30,000円(税込)
パート・アルバイト
20,000円(税込)
返金保証あり
対応時間365日24時間
※対面の場合は平日10時~18時
連絡方法電話・メール・LINE
支払方法銀行振込・クレジットカード・コンビニ決済
・あと払いペイディ(翌月10日払い)
・モームリあと払い(1か月後まで後払い可能、手数料として+3,000円)

※対面希望の場合は、お問い合わせのときに「対面希望」と伝えてください

退職代行モームリは、依頼者に寄り添うことをモットーにしている退職代行サービス。店舗に来店して、対面で相談ができるのも特徴的です。

退職成功率は100%を継続中で、弁護士監修のもと法律に則った適正な業務と、労働環境改善組合との提携で、違法性もなく安心して利用することができます。

料金は万が一に備えて全額返金もあり、「正社員・契約社員は22,000円(税込)」、「アルバイトは12,000円(税込)」のリーズナブルな料金設定で、1ヶ月までの後払いが可能になっています。

24時間365日対応の無料相談は、LINEやメール・電話で相談が可能。帰宅後の深夜はもちろん、出勤前の早朝でも相談することができます。

\無料で相談/

365日24時間

≫退職代行モームリの詳細はこちら

辞めるんです

画像出典:辞めるんです
サービス名辞めるんです
タイプ民間業者
料金27,000円(税込)
返金保証あり
※後払いも可能
対応時間24時間365日
連絡方法LINE
支払方法クレジットカード・銀行振込

「辞めるんです」は、顧問弁護士の指導もと全国統一労働組合と提携で、適切なサービスを提供しています。実績件数は10,000件以上あり、実績と信頼性のある退職代行サービスです。

サービスを申し込む前の無料相談も可能で、LINEで相談が可能です。24時間365日全国対応で、夜帰宅したときや朝出勤する前に相談することもできます。料金は全額返金もあり、27,000円(税込)の追加費用なしで、低めの料金設定になっています。

また、料金の後払いも可能で、退職が決まってから料金の支払いができるようになっています。すぐ依頼したいときに、利用できる退職代行サービスです。

\無料相談はLINEでOK/

24時間受付

≫辞めるんですの詳細はこちら

退職代行Jobs

画像出典:退職代行Jobs
サービス名退職代行Jobs
タイプ民間業者
料金代行費用 27,000円(税込) + 労働組合費 2,000円(税込)
返金保証あり
対応時間24時間365日
連絡方法電話・メール・LINE
支払方法銀行振込・クレジットカード・コンビニ決済・現金翌月払い

退職代行Jobsは、顧問弁護士の監修で労働組合と連携している退職代行サービス。労働組合との連携で会社交渉も可能になっています。

サービスを申し込む前の無料相談も可能で、LINEやメール、電話で相談が可能です。24時間対応で、夜帰宅したときや朝出勤する前に相談することもできます。

全額返金もあり、料金は「安心パックプラン 29,000円(税込)退職代行費用+労働組合費用」と「シンプルプラン 27,000円(税込)退職代行費用のみ」の2種類が用意されています。

\無料相談はLINEでOK/

24時間対応

≫退職代行Jobsの詳細はこちら

労働組合の退職代行

退職代行ガーディアン

画像出典:退職代行ガーディアン
サービス名退職代行ガーディアン
タイプ労働組合
料金29,800円(税込)
返金保証HPには返金保証の記載なし
対応時間365日(可能な限り、休日や深夜でも対応)
連絡方法電話・LINE
支払方法銀行振込・クレジットカード

退職代行ガーディアンは、東京都労働委員会に認証された「東京労働経済組合」が運営する退職代行サービス。労働組合の運営で、違法性もなく安心して利用することがきます。

サービスの申し込みの前に無料相談を受けることが可能で、LINEや電話で相談することができます。料金は一律29,800円(税込)で、追加費用はありません。

また、365日全国対応なので、日曜日の夜はもちろんお盆やゴールデンウィークの最終日に相談することもできます。

\無料相談はLINEでOK/

365日対応

≫退職代行ガーディアンの詳細はこちら

退職代行SARABA

画像出典:退職代行SARABA
サービス名退職代行SARABA
タイプ労働組合
料金24,000円(税込)
返金保証あり
対応時間24時間365日
連絡方法電話・LINE・メール
支払方法クレジットカード

退職代行SARABAは、数多くのメディアに取り上げられ知名度がある、労働組合が運営する退職代行サービス。また、今までの依頼数は6,000件以上で、退職成功率はほぼ100%と優秀な実績があります。

サービスの申し込みの前に無料相談を受けることが可能で、LINEやメール・電話で気軽に相談することができます。料金は追加費用なしの24,000円(税込)で、万が一に備えて返金保証もあります。

また、24時間365日対応なので、長期連休の最終日はもちろん出勤日の朝に相談することもできます。

\無料相談はLINEでOK/

返金保証あり

退職代行CLEAR

画像出典:退職代行CLEAR
サービス名退職代行CLEAR
タイプ労働組合
料金正社員 18,000円(税込)
アルバイト 11,000円(税込)
返金保証あり
対応時間24時間365日
連絡方法LINE・メール
支払方法クレジットカード・銀行振込

退職代行CLEARは、東京都労働委員会に認証された「日本労働基準組合」が運営する退職代行サービス。労働組合の運営で、違法性もなく安心して利用することがきます。

サービスの申し込みの前に無料相談を受けることが可能で、LINEやメールで相談することができます。料金は追加費用なしの「正社員・派遣・契約社員が18,000円(税込)」、「アルバイト・パートは11,000円(税込)」で、万が一に備えて返金保証もあります。

また、24時間365日対応なので、長期連休の最終日はもちろん出勤日の朝に相談することもできます。

\無料相談はLINEでOK/

返金保証あり

退職代行ジョブセル

画像出典:退職代行ジョブセル
サービス名退職代行ジョブセル
タイプ労働組合
料金25,000円(税込)
返金保証あり
対応時間24時間
連絡方法電話・メール・LINE
支払方法銀行振込・クレジットカード・LINE Pay

退職代行ジョブセルは、労働組合の運営で弁護士監修する退職代行サービス。相談件数1,000件以上の実績と退職成功率は100%になっています。

サービスを申し込む前の無料相談も可能で、LINEで相談が可能です。24時間全国対応で、夜帰宅したときや朝出勤する前に相談することもできます。

全額返金もあり、料金は25,000円(税込)追加費用なしで、リーズナブルな料金設定になっています。また転職サポートもあり、まだ仕事が見つかってない場合でも安心して申し込むことができます。

\無料相談はLINEでOK/

24時間対応

≫退職代行ジョブセルの詳細はこちら

弁護士事務所の退職代行

退職110番

画像出典:退職110番
サービス名退職110番
タイプ弁護士事務所
料金43,800円(税込)
※別途でオプション費用がかかる場合もあります
返金保証あり
対応時間9:00~18:00(月~金)
連絡方法メール
支払方法クレジットカード

退職110番は、労働問題専門の弁護士法人が運営する退職代行サービス。労務問題に強い弁護士が担当してくれますので、会社側の不当な言い分にも法律で対処し確実な対応をしてくれます。

「面談不要」「秘密厳守」で、退職完了までメールでのやり取りのみで、手続きを終えることができます。有給休暇を使ったり欠勤扱いにすることで、退職日まで出社する必要がないケースもあり、わずらわしい書類手続きの代行もしてくれます。

全額返金もあり、料金は43,800円(税込)で、全国対応が可能です。

さまざまな法律関係、「未払い残業代」「慰謝料請求」などの交渉などを行ってくれますので、安心して依頼ができる退職代行サービスです。

\全額返金あり/

会社とのやりとり不要

≫退職110番の詳細はこちら

弁護士法人みやび

画像出典:弁護士法人みやびの退職代行サービス
サービス名弁護士法人みやびの退職代行サービス
タイプ弁護士事務所
料金55,000円(税込)+残業代などの回収額の20%
返金保証HPには返金保証の記載なし
対応時間24時間
連絡方法メール・LINE
支払方法銀行振込

弁護士法人みやびの退職代行サービスは、弁護士事務所が運営する退職代行サービス。トラブル解決のプロの弁護士が、法律に関わる会社との交渉や請求を代わりに対応してくれます。

サービスを申し込む前の無料相談は、LINEやメールで相談が可能、料金は55,000円(税込)です。24時間全国対応で、帰宅後の夜や出勤前の朝に相談することもできます。

退職代行費用は55,000円(税込)で、依頼されたケースによっては別途でオプション費用がかかる場合もあります。

\無料で相談/

24時間対応

≫弁護士法人みやびの退職代行サービスの詳細はこちら

退職代行のメリットとデメリット

退職代行サービスを利用してみるといっても、

メリットとかデメリットは気になりますよね。

メリット

  • 自分から、退職の意思を伝えなくていい
  • 嫌いな上司に、会わなくても退職できる

自分から、退職の意思を伝えなくていい

退職の話を切り出したいけれど、なかなか言い出せないこもあります。

タイミングがうまくいかなかったり、後回しにされるときもあるからです。

そんなときには、退職代行サービスに頼ることが、手っ取り早い解決策といえるでしょう。

また、退職代行サービスに、退職の意思を伝えてもらえれば、精神的にも楽になりそうですからね。

嫌いな上司に、会わなくても退職できる

退職するときに、嫌いな上司には会いたくないという人もいます。

最後の最後に理不尽なことを言われたら、たまったものではありませんからね。

退職代行サービスは、自分にの代わり退職の意思を伝えてくれるサービスです。

退職代行サービスを利用すれば、そんな嫌な上司に会わずに済みますからね。

デメリット

  • 費用がかかってしまう
  • 業者によっては、悪質な場合もある

費用がかかってしまう

退職代行サービスを利用すると、費用がかかってしまいます。

おおよその相場は、3万円~6万円です。

安い金額とは言えませんが、会社とのやりとりが無くなれば、仕方のないことかもしれません。

しかし、安心感を買っていると思えば、メリットと言えそうですね。

業者によっては、悪質な場合もある

退職代行サービスは数多くありますが、なかには悪質な業者の場合もあるので注意してください。

依頼をしてみたけど、「退職できなかった」といったことや「連絡が取れなくなった」といった問題が発生すると、大変なことになってしまいます。

もし、悪質業者の心配がある場合は、法律関係を含めたすべてを任せられる弁護士事務所の退職代行がおすすめです。

失敗しないためにも、退職代行の選び方には注意してくださいね。

信頼できる業者や弁護士事務所を選ぶことで、安心してサービスを依頼することができるでしょう。

退職代行サービスの手続きの流れ

退職代行サービスの手続きの流れは、
主に次の5つのステップで行っていきます。

  1. 相談
  2. 料金の支払い
  3. 打ち合わせ
  4. 実行・退職完了
  5. アフターサポート
退職代行サービスの手続きの流れ
  • STEP1
    相談

    まずは、退職代行サービスに相談します。「すぐに代行してほしい」「会社と連絡をしたくない」「即日退職したい」などの希望を伝えて、電話・メール・LINEから依頼します。

  • STEP2
    料金の支払い

    相談が終わりサービスを受けるときは、料金の支払いになります。支払い方法は、相談のときに教えてもらった方法で大丈夫です。

  • STEP3
    打ち合わせ

    料金の支払いが済んだら、打ち合わせになります。担当者と退職に向けて、必要な情報の質問を受けていきます。有給休暇や退職金のことなどは、希望があればこのときに伝えます。

  • STEP4
    実行・退職完了

    打ち合わせた内容を元に、退職代行サービスから会社に退職の連絡をします。必要な手続きは、すべて代行してくれます。
    不安なことや確認したいことがある場合は、相談をしながら進めることもできます。
    そして、すべての手続きが終われば退職完了となります。

  • STEP5
    アフターサポート

    利用する退職代行サービスによっては、「転職のサポート」をしてくれるサービスもあります。

退職代行を「おすすめしたい人」と「おすすめしない人」

おすすめしたい人

  • とにかく、早く辞めたい
  • 退職するのに、会社が応じてくれない
  • 引き止めにられずに、スッキリ退職したい
  • 上司が怖くて、どうしても言い出すことができない
  • 精神的に辛くて、会社に行けない
  • 会社に行くのが嫌で、辞めたいという固い決意がある
  • 今の会社を辞めても、後悔が残らない


上記のようなことがあったり思っているのでしたら、退職代行サービスを利用してみるのがいいかもしれません。

会社は、あなたの苦労や悩みをわかってくれないからです。

というか、わかってくれたら、こんなことにはならないと思うんですよね。

こんなことが続いていたら、不満やストレスも溜まってきてしまいます。

そして、それが原因になって、体を壊してしまったら元も子もありません。

会社の都合や職場の人間関係によって、「認めてもらえない」「言い出せない」といったときは、検討してみたほうが良さそうです。

退職代行を使ったほうが、スムーズに退職ができそうですからね。

おすすめしない人

  • 何でもいいから辞めると、投げやりになっている
  • 今の会社を、本当に辞めていいのか迷いがある

投げやりになっていたり、迷いがあるときなどは、冷静になってよく考えてみてください。

退職代行サービスを使わなくても、解決できる方法があるかもしれないからです。

ですが後々、会社を「無断欠勤をしそう」とか「バックレてしまう」など、といったことになるとリスクを伴ってしまいます。

例えば、「懲戒解雇に、なってしまう可能性があるかもしれない」といったリスクです。

そうなってしまうと、転職をするとなったときに不利になってしまいます。

もし、そういった未来が見えるのでしたら、退職代行サービスを検討してみるといった選択肢を、入れてみるのがおすすめです。

退職代行サービスのよくある質問

退職代行サービスのよくある質問は、
こちらを参考にしてみてください。

Q
本当に退職できますか?
A

どこの退職代行サービスも、退職可能と謳っています。

Q
会社から連絡は来ませんか?
A

本人に連絡をしないように伝えていますので、ほとんど連絡が来ることはありません。しかし、強制力はないので、ごく稀に連絡が来てしまうことがあるようです。

Q
親に連絡は行きませんか?
A

本人への連絡と同じように、実家や緊急連絡先には連絡しないように伝えています。ほとんどの退職代行サービスはそのように対応しています。 しかし、こちらも強制力はないので、ごく稀に連絡が行ってしまうことがあるようです。

Q
会社への返却品がある場合はどうすればいいですか?
A

ほとんどの退職代行サービスでは、郵送で返却が可能になっています。

Q
未払い賃金などの請求はできますか?
A

民間業者や労働組合の退職代行サービスだと、非弁行為になる可能性があります。請求ができる弁護士事務所の退職代行サービスがおすすめです。

Q
会社から損害賠償請求など、訴えられる可能性はありますか?
A

損害賠償請求で、訴えられたケースはほとんど無いようです。しかし、訴えられる可能性はゼロではありません。心配なときは、対応ができる弁護士事務所の退職代行サービスがおすすめです。

Q
社宅や社員寮に住んでいますが退職できますか?
A

退去日については、退職代行サービスで交渉してくれます。心配なときは、交渉ができる弁護士事務所の退職代行サービスがおすすめです。

Q
どの退職代行サービスを選べばいいですか?
A

退職だけを伝えてもらいたいといは、民間業者をはじめどの退職代行サービスでも大丈夫です。交渉してもらいたいことがる場合は、団体交渉ができる労働組合や、法律関係の交渉ができる弁護士事務所がおすすめです。代理人を含めすべてを任せたいときは、弁護士事務所の退職代行サービスがおすすめです。

まとめ:退職代行サービスは、自分に合った選び方がオススメです

退職代行サービスは、大きく分けると3つの種類があります。

今の状況やどこまで対応できるかなどのサービス内容で、退職代行サービスを選んでみてください。

  • 退職の意思だけを伝えてほしいときは、民間業者
  • 会社交渉をしてもらいたいときは、労働組合
  • 会社交渉を含め法律のことも心配なときは、弁護士事務所
サービス名タイプ特徴
退職代行ニコイチ民間業者創業18年の実績とノウハウがあるサービス
退職代行ガーディアン労働組合東京都労働委員会に認証されているサービス
退職110番弁護士事務所労働問題に強い弁護士法人のサービス

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました