退職の話が言い出せない理由と3つの対処法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。

今日こそ言います!

こんにちは

「退職の話をしたいけど、いつ言えばいいんだよ」って、こんな感じで退職の話が言い出せなくて悩んでいませんか?

切り出すタイミングが難しかったり、言うのが怖いことってありますよね。

簡単に言うことができればいいのですが、うまくいかないことだってあります。

すぐに言うことができれば、苦労はしませんよね。

この記事で参考になることです
  • 自分がいなくなると、会社に迷惑がかかると感じている
  • 退職を言い出せない理由は?
  • 退職を言い出せないときの対処法

などなど、参考にしてみてください。

退職のことが言い出せずに悩んでいる方へ

>>>言い出せなくて悩んでます

何を言われても辞める権利はあなたにあります

退職のことで何か言われても、仕事を辞める権利は自分にあると思うんですよね。

それは日本国憲法で、「職業選択の自由」になっているからです。

職業選択の自由については、下記より引用しました。

第3章 国民の権利及び義務

第22条 【居住、移転及び職業選択の自由、外国移住及び国籍離脱の自由】

第1項 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

第2項 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

引用元:日本国憲法 逐条解説

会社を選ぶのも自由だし、辞めるのも自由だと思うんですよね。

決めることができるのはあなただけで、上司や同僚などが決めることではありませんからね。

1人いなくなったとしても会社は何とかなります

「自分が居なくなったら会社に迷惑がかかるのでは?」と感じても、そんなことはありません。

職場が忙しくなるのは会社の責任で、あなたの責任ではないからです。

例えば、職場が忙しくなる主な原因は、

  • 会社が人材を確保できない
  • 職場をギリギリの人数で回していた

などなど、ありそうです。

これが、あなたの責任かと言ったら違いますよね。

そして残る人たちが、なんだかんだで上手くやってくれます。

たとえ1人居なくなったとしても、何とかなってしまうものです。

あなたが退職する決意をしているなら、気にしなくてもいいかもしれませんね。

退職を言い出せない理由

言い出せない理由は、どんなものがあるでしょうか?

上司が怖い

上司が怖いと、なかなか言い出せないですよね。

理解力のある上司ならいいのですが、怖い上司だっています。

例えば、

  • 高圧的な態度をしてくる
  • 暴言を言ってくる
  • 理不尽なことをしてくる

などなど、怖い理由としてあるようです。

怖いと萎縮してしまうかもしれないし、退職を伝えるタイミングも難しいですよね。

こんな感じになってしまうと、いつまでも言えなくて、退職ができないことになってしまいます。

ですので、上司が怖いのは、退職を言い出せない理由となりそうですね。

先輩や同僚が引き止めてくる

退職のことで少し相談したつもりが、「辞めてほしくない」など、引き止められてしまうときです。

あなたのことが、本当に心配で言ってくれたらいいと思います。

しかし、なかには自分だけが残るのが嫌なので、引き止めてくる人もいます。

先を越されるのが嫌だとか、同じ土俵に居させたいなど思っているようですね。

ただの行動できない人なので、話を聞く必要はありません。

その意見には、確かな理由がないからです。

もし退職の意思が固まっているのでしたら、それに従うべきだと思うんですよね。

退職のことを、いつ言うのか悩んでいませんか?

>>>いつ言うのか悩んでます

退職を言い出せないときの対処法

落ち着いて考えてみる

退職したくなった理由を、落ち着いて考えてみてください。

退職をしたくなった理由が、思い浮かんでくるからです。

「もう辞める」と思ったときは、明確な理由があったと思うんですよね。

例えば、

  • うまくいかない人間関係のこと
  • 合わないと感じている仕事のこと
  • 劣悪な労働環境のこと

などなど、人によってありそうですよね。

退職の話を切り出すのは、簡単なことではないですし勇気のいることです。

言い出せないとあせっても、いい結果にはならないと思います。

落ち着いて、退職をしようと思ったときのことを考えれば、また切り出すきっかけになるかもしれませんからね。

ですので、落ち着いて考えてみるのが良さそうですね。

辞めたときのメリットを考えてみる

辞めたときのメリットを考えてみてください。

思いあたることが、あると思うんですよね。

例えば、

  • 転職をすれば、収入アップが見込める
  • 転職をして残業や休日出勤が少ない会社に行けば、自由な時間が増える
  • 今の職場から離れると、嫌な人間関係から解放される

などなど、ありそうです。

辞めたいと考えるときは、給料や人間関係などの何かしらの不満があるからだと思います。

退職や転職をすることで、その原因が解決できれば、メリットだったてことになると思うんですよね。

事前にメリットがわかれば、退職を言い出すきっかけになりそうです。

ですので、退職したときのメリットを考えてみるのが良さそうですね。

第三者に相談してみる

退職のことで悩んでいるのでしたら、第三者に相談してみる方法ですね。

第三者に頼めば、退職の問題を解決できるかもしれないからです。

例えば、

  • 信頼できる、会社の人や友人知人などに相談する
  • 労働局や労働基準監督署に相談する
  • 退職代行サービスを利用してみる

などなど、頼れそうなところはありそうですよね。

信頼できる、会社の人や友人知人などに相談する

信頼できる会社の人や友人知人など、身近な人がいいですね。

信頼できない人に相談すると、話が広まってしまうかもしれないからです。

相談をして良さそうな切り出し方法があれば、いいのですがそうとも限りません。

いい方法が思いつけばいいですが、思いついても退職のことを伝えるのは、自分で伝えることになります。

すんなりと言うことができればいいのですが、怖い上司とかには言いずらいですよね。

労働局や労働基準監督署に相談する

労働局や労働基準監督署は、無料で相談できるのでメリットがあるといえそうです。

会社と直接話すことはなく、相談者と会社の間に入ってくれますが、必ずしも解決できるとは限りません。

もし、失敗して会社に残ることになったら、会社に居ずらくなってしまう原因になってしまいます。

無料で利用できますので、利用してみる価値はあるかもしれませんね。

退職代行サービスを利用してみる

退職代行サービスは、自分に代わって退職の意思を伝えてくれるサービスです。

上記の2つと違い料金がかかってしまうので、これはデメリットといえるかもしれません。

ですが、「怖い上司に会わなくていい」「行きたくない会社に、出向く必要がない」といった点で見ると、メリットと言えます。

こういったことは、精神的な苦痛を感じてしまうと思うんですよね。

精神的な苦痛から解放されると考えれば、検討してみる価値はあるのかもしれません。

まとめ

「退職の話が言い出せない理由と3つの対処法」のまとめは、

  • 何を言われても辞める権利はあなたにあります
  • 1人いなくなったとしても会社は何とかなります
  • 退職を言い出せない理由
  • 退職を言い出せないときの対処法

仕事を選ぶのも自由、そして辞めるのも自由です。

退職の話をするのは、なかなか言い出せないこともあると思います。

しかし言い出せなくて、あせってしまうといい結果にはならないかもしれません。

あせってしまったら、もう1回落ち着いて考えてみてはいかがでしょうか?

自分の代わりに、退職を伝えてくれる方法を知りたいですか?

>>>退職を伝えてくれる方法を知ってみる

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

工場求人を探していて、工場で働きたいと思っている方へ

未経験でも働ける職場で、人気なのは工場勤務

・工場の交代勤務から、昼間の勤務で働きたい
・物造りが好きで、工場で働いてみたい
・他の業界から、製造業で働いてみたい

などなど、思っている方におすすめの工場求人です。

是非、求人活動にお役立てください。

\おすすめの工場求人はこちらです/

>>>工場求人をのぞいてみる

退職をしたいけど、退職のことを言い出せない方へ

自分の代わりに退職の意思を伝えてくれることで人気なのは、退職代行サービス

・怖い上司に、なかなか言い出すことができない
・もう会社に行くのが辛くて、行くことができない
・ブラック企業から、早く逃げたいと思っている

などなど、思っている方におすすめの退職代行サービスです。

是非、今後の活動に役立てください。

\おすすめの退職代行サービスはこちらです/

>>>退職代行サービスをのぞいてみる

この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 普通の工場マンのブログ , 2020 All Rights Reserved.