退職の引き止めは無視してもいい理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

退職するんですよ!

こんにちは

退職の話をしたら引き止めてくる人はいると思います。

職場の先輩とか、同僚とかですね。

それらの人が何を言ってきても、基本的には無視しても良いと思いました。

この記事で参考になることです
  • 先輩や同僚が引き止めをしてきて困っている
  • 退職することは第三者には言う必要はないと思っている
  • 退職のことで口出しをされたくない

などなど、参考にしてみてください。

引き止めに合っても無視をしてしまいましょう。

選ぶ権利は自分にあります

退職は誰にも止める権利はないと考えます。

それは、ご自身の人生の一つだからです。

退職はご自身で決めたことですし、未練もないと思います。

ですが、上司はもちろん先輩や同僚が引き止めてきたらどうでしょうか?

心が揺らいでしまうかもしれません。

仲が良かったら尚更だと思います。

そこで、先延ばしにしてしまうとどうでしょうか?

先延ばしにすると会社を辞めずらくなってしまうと思います。

結局、退職できなくなってしまうかもしれません。

転職先の内定があったら、それも不意になるかもしれないです。

そして引き止めてくる人は、本当に心配してくれる人もいれば、自分が有利になるように引き止めてくる人もいると思います。

僕も何度か転職したことがあり、引き止めに合ったこともありました。

辞められると困ると言ってきた感じの人もいたんですよね。

なかには裏切り者にされたこともありました(泣)

退職はご自身と会社間のやりとりです。

第三者に引き止める権利はありませんからね。

ですので、誰に何を言われようと選ぶ権利は自分にしかないと感じました。

退職の引き止めの対策

引き止めてくる人は無視で良いと思います。

しかし完全に無視をしてしまうと、退職までの残りの期間は会社に居づらくなってしまったり、気まづくなってしまうかもしれません。

ある程度は話を聞くふりなどをして、対策はしておきたいですね。

曖昧にしない

上司や先輩、同僚が引き止めをしてきても、はっきりと退職する意思をしっかり伝えるようにしたいです。

曖昧にしてしまうと会社に残る気があると思われてしまうからです。

そして、引き止めてくる人はあなたのことを心配して言ってくれてるのでしょうか?

本当に心配してくれる人もいるかもしれませんが、自分の利益のために言っている人もいるかもしれないです。

ですので、曖昧にしないで退職の意思をはっきりと伝えるのが良いかもしれませんね。

事後報告にする

上司には退職の意思を言わなければいけませんが、それ以外の人には退職日の数日前まで何も言わないようにします。

上司から伝わっている可能性はあるかもしれませんが・・・

ですが、第三者が退職のことを知っていても、以外と何も言ってこないことが多いようです。

相手も聞きたくても、なかなか切り出せないようですね。

僕もこの方法をしたことがありましたが、退職も決まっていたこともあり、あっさりとしていました。

もう決まっていることなので引き止めようもありませんが(汗)

しかし、上司以外の人に事前に言ってしまうと先輩や同僚などから、「よく考えてみたら」とか、「他の会社にいっても同じだよ」など、引き止めにあってしまうかもしれません。

事後報告にすることで、このようなことも少なくなると思います。

事後報告については、こちらの記事も良かったら参考にしてみてください!

退職の引き止めで後悔しないためにも

引き止めにあって心が揺らいでしまうかもしれません。

引き止めにあったとしても、退職をしたいと思った意志を貫くことが大切だと感じました。

退職をする理由は、いろいろありそうですよね。

例えば、

  • 他の会社で自分を試してみたい
  • 人間関係にうんざりしている
  • 会社への不満がある

などなど、あると思います。

退職を決めるまでに、ご自身の中で相当な葛藤があったと思います。

もし引き止めで迷っているのでしたら、会社を辞める決心したことを思い返してみて、もう一度ご自身に問いかけてみてはどうでしょうか?

まとめ

「退職の引き止めは無視しても良いと思ったこと!」のまとめは、

  • 選ぶ権利は自分にあります
  • 退職の引き止めの対策
  • 退職の引き止めで後悔しないためにも

退職はご自身で決めたことです。

引き止めにあったことしても無視して良いと思いました。

第三者がとやかく言うことではないですからね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

自分の「5つの強み」を発見する方法

 

  • 気づけなかった自分の強みを知ってみたい
  • 自分の強みを聞かれたけど、うまく言えなかった
  • 自分に強みなんて、無いと思っている

などなど、思っている方に

自分の「5つ強み」の発見する方法をお伝えします。

自分の強みを知って、仕事探しに活用してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 普通の工場マンのブログ , 2020 All Rights Reserved.