退職110番を調査!選ばれる3つの理由やサービスの流れなどを紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 このブログは、主に職場の人間関係について書いているブログです。人間関係の悩みは、深いものがありませんか?こういった悩みは、どんな職業でもあると思うんです。ブログの主は、工場勤務がほとんどですが、お役に立てれば幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

「退職110番の情報を、詳しく知りたい」と悩んでいませんか?

サービスを利用したいと思ったら、気になることは出てきますよね。

退職110番は、弁護士法人が運営する退職代行サービスで、労働問題にも強い弁護士法人です。

弁護士法人が運営していますので、弁護士でなければ対応できないケース、例えば「残業代の未払い請求やパワハラなどの精神的損害による賠償請求」なども、対応することが可能になっています。

あらゆる場面に対応できるといった点でみると、安心して利用できる退職代行サービスと言えますね。

この記事では、退職110番が選ばれる理由やサービスの利用方法などを、解説していきますので参考にしてみてください。

労働問題専門の弁護士法人が運営する、「退職110番」

労働問題に強い弁護士法人が運営する「退職110番」

弁護士法に基づいた守秘義務で、個人情報や申し込み内容を徹底した管理で秘密厳守します。

また、退職ができなければ返金もあるので、安心して申し込むことができます。

>>退職110番のお申込みはこちら

「退職110番」が選ばれる3つの理由

労働問題専門の弁護士法人で、安心・確実なサービス

労働問題専門の弁護士でリスクもなく、安心・確実な退職代行サービスです。会社の不当行為を、弁護士として退けて確実な退職に結びつけてくれます。また、書類の手続きも代行可能で、会社とのやり取りをする心配もありません。

面談が不要で即日対応、秘密も厳守

面談もなく申し込み当日から、サポートを開始してくれます。有給休暇を使用したり、欠勤扱いにして退職日まで出社しないケースもあります。また、弁護士法に基づいて、徹底した管理で秘密厳守をします。

全国対応で、もし退職ができなければ返金もあり

日本全国対応のサービスで、どこに勤めていても申し込みが可能です。もし退職ができなければ、返金もあるので安心して申し込むことができます。

\労働問題に強い弁護士法人/

「退職110番」のサービス情報

サービス名退職110番
タイプ弁護士事務所
費用43,800円(税込)
※別途でオプション費用がかかる場合もあります
※退職不可なら全額返金
対応時間9:00~18:00(月~金)
連絡方法メール
支払い方法クレジットカード

労働問題に強い弁護士法人の「退職110番」
弁護士ならではの対応で、法律に関することにも対応することができます。また、退職ができなければ返金もあるので、安心して申し込むことができます。
>>退職110番のお申込みはこちら

労働問題に強い弁護士法人が運営する、「退職110番」

退職代行のサービス内容の違いを徹底調査しました。今回は、退職110番、民間業者、労働組合の調査を実施。その結果、退職110番は弁護士法人の運営で、違法性なく交渉することができますので、安心してサービスを利用することができます。

退職110番民間業者労働組合
会社への連絡
退職までのサポート
会社との交渉
金銭請求
代理人
損害賠償の対応
費用の相場43,800円(税込)約25,000円

約50,000円
30,000円前後

退職110番は、弁護士事務所が運営するサービスですので、民間業者や労働組合に比べて料金が高めになってしまいます。ですが、弁護士法人が運営していますので、法律に関するあらゆることに対応をすることができます。例えば、「損害賠償請求をされる可能性があるかもしれない」といった場合は、退職110番がオススメです。

\労働問題に強い弁護士法人/

サービスを利用するときの流れ

サービスを利用するときは、次の流れで行います。

1・申し込み・支払い
2・退職準備
3・実行・退職

1:申し込み・支払い

申し込みと同時に、代行費用を支払いします。
支払い方法は、クレジットカードです。

2:退職準備

案内に沿って、必要書類をデータで提出します。
代行内容によっては、最終打合せが必要になることもあります。

3:実行・退職

勤務先に弁護士名義の退職通知書を送り、退職代行を行います。
弁護士による退職代行を実行したら、退職確定まで待ちます。

\労働問題に強い弁護士法人/

退職110番のよくある質問

退職110番の、よくある質問の一部を載せましたので参考にしてみてください。

Q:「退職代行サービス」を利用すれば、本当に退職出来ますか?

A:無期雇用契約(主に正社員)を会社と結ばれている場合であれば、正式な退職の意思表示を行ってから一定期間が経過すれば、必ず退職できる権利が民法627条で保障されています。

期雇用契約(主に非正規社員)を会社と結ばれている場合は、原則として期間満了までの間に退職することはできません。しかし、民法628条にあるような「やむを得ない理由」がある場合には即時の退職が認められる可能性があります。当サービスでは、弁護士が依頼者の会社と直接交渉を行うことで、退職を実現できたというケースがほとんどです。

引用元:退職110番

Q:退職代行サービスは全国どの地域からでも利用できますか?

A:全国どこからでもご利用いただけます。

引用元:退職110番

Q:会社の就業規則と民法の記載ではどちらが優先されますか?

A:会社就業規則の効力はあくまで「会社内」で適応されるルールですので、民法の効力が優先されます。例えば、会社と無期雇用契約を結んでいる場合に、「会社就業規則上30日以上前に退職意思表示をする」ことが定められていても、民法上の記載に従って「退職意思の表示後、14日が経過すれば退職することが出来る」ことが優先して適応されます。

引用元:退職110番
\労働問題に強い弁護士法人/

退職代行サービスのメリットやデメリット

退職代行サービスを利用してみるといっても、メリットとかデメリットは気になりますよね。

メリット

次の2つがメリットと言えます。

・自分から、退職の意思を伝えなくていい
・嫌いな上司に、会わなくても退職できる

自分から、退職の意思を伝えなくていい

退職の話を切り出したいけど、なかなか言い出せないことってありそうですよね?

タイミングがうまくいかなかったり、後回しにされるとかです。

こういったときは、退職代行サービスに依頼するのが、手っ取り早いとも言えるでしょう。

また、退職代行サービスに、退職の意思を伝えてもらえれば、精神的にも楽になります。

嫌いな上司に、会わなくても退職できる

退職するのに、嫌いな上司には会いたくないと思う人も多いのではないのでしょうか?

最後の最後に、理不尽なことを言われたら、たまったものではありませんからね。

なにより、悔しいですよね。

退職代行サービスを利用すると、そんな嫌いな上司に会わずに済みます。

デメリット

デメリットですが、何があるのでしょうか?

次の2つがデメリットと言えます。

・費用がかかってしまう
・業者によっては、悪質な場合もある

費用がかかってしまう

退職代行サービスを利用すると、費用がかかってしまいます。

おおよその相場は、3万円~6万円です。

安い金額とは言えませんが、会社とのやりとりが無くなれば、仕方のないことかもしれません。

しかし、安心感を買っていると思えば、メリットと言えそうですね。

業者によっては、悪質な場合もある

退職代行サービスは、多数ありますが悪質な業者には注意してください。

依頼をしてみたけど、「退職できなかった」「連絡が取れなくなった」とかになってしまうと大変です。

失敗しないためにも、業者の選びかたは注意ですね。

退職110番は、法律に関することに対応ができる弁護士法人が運営している退職代行サービスですので、違法性もなく良心的なサービスといえるでしょう。

退職代行サービスを「おすすめしたい人」と「おすすめしない人」

おすすめしたい人

・とにかく、早く辞めたい
・退職するのに、会社が応じてくれない
・引き止めにられずに、スッキリ退職したい
・上司が怖くて、どうしても言い出すことができない
・精神的に辛くて、会社に行けない
・会社に行くのが嫌で、辞めたいという固い決意がある
・今の会社を辞めても、後悔が残らない

上記のようなことがあったり思っているのでしたら、退職代行サービスを利用してみるのがいいかもしれません。

会社は、あなたの苦労や悩みをわかってくれないからです。

というか、わかってくれたら、こんなことにはならないと思うんですよね。

こんなことが続いていたら、不満やストレスも溜まってきてしまいます。

そして、それが原因になって、体を壊してしまったら元も子もありません。

会社の都合や職場の人間関係によって、「認めてもらえない」「言い出せない」といったときは、検討してみたほうが良さそうです。

退職代行を使ったほうが、スムーズに退職ができそうですからね。

おすすめしない人

・何でもいいから辞めると、投げやりになっている
・今の会社を、本当に辞めていいのか迷いがある

投げやりになっていたり、迷いがあるときなどは、冷静になってよく考えてみてください。

退職代行サービスを使わなくても、解決できる方法があるかもしれないからです。

自力で解決できれば、それに越したことはありませんからね。

ですが後々、会社を「無断欠勤をしそう」とか「バックレてしまう」など、といったことになるとリスクを伴ってしまいます。

例えば、「懲戒解雇に、なってしまう可能性があるかもしれない」といったリスクです。

そうなってしまうと、転職をするとなったときに不利になってしまいます。

もし、そういった未来が見えるのでしたら、退職代行サービスを検討してみるといった選択肢を、入れてみるといいかもしれませんね。

まとめ:労働問題に強い弁護士法人「退職110番」はオススメ

退職110番は、労働問題に強い弁護士法人が運営している退職代行サービスです。

弁護士法に基づいた守秘義務で、個人情報や申し込み内容を徹底した管理で秘密厳守します。

また、退職ができなければ返金もあるので、安心して申し込むことができます。

退職110番のおすすめポイント

・労働問題に強い弁護士法人で、安心・確実
・個人情報を徹底した管理で、秘密厳守
・依頼後は、会社とのやり取りが不要

\労働問題に強い弁護士法人/

>>退職110番のお申込みはこちら

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>また比べたいときは、こちらからどうぞ!

悩める方に読んでほしい記事です

この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 このブログは、主に職場の人間関係について書いているブログです。人間関係の悩みは、深いものがありませんか?こういった悩みは、どんな職業でもあると思うんです。ブログの主は、工場勤務がほとんどですが、お役に立てれば幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© 普通の工場マンのブログ , 2022 All Rights Reserved.