退職代行Jobsを調査!選ばれる3つの理由とサービスの流れを紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

「退職代行Jobsは、どんなサービス?」と、こんな感じの疑問はありませんか?

退職代行サービスは、自分の代わりに退職の意思を伝えてくれるサービスです。

弁護士監修で労働組合との連携もある「退職代行Jobs」は、安心できるサービスといえます。

この記事のポイント
  • 退職代行Jobsが選ばれる3つの理由
  • 退職代行Jobsのサービス情報
  • 労働組合との連携で、会社交渉も可能

などなど、参考にしてみてください。

全額返金あり!退職代行Jobsで安心退職

顧問弁護士監修のもと適正業務で安心して退職ができる「退職代行Jobs」。

退職代行Jobsは、労働組合との連携もあり会社との交渉もすることができます。

退職ができなければ全額返金もあるので、安心して申し込むこともできます。

>>退職代行Jobsのお申し込みはコチラ

退職代行Jobsが選ばれる3つの理由

顧問弁護士の適正業務で安心退職

退職代行Jobsは顧問弁護士監修のもと適法適正に厳格な安心の退職代行業者です。株式会社の退職代行でも退職は可能ですが、顧問弁護士が業務監修をしているなど、適法適正に厳格な業者を選ぶことをオススメします。

労働組合との連携で会社交渉が可能

退職に関する「交渉」は労働組合か弁護士でなければできません。必ずしも退職に交渉は必要ありませんので、株式会社の退職代行でも退職は可能です。しかし、会社と交渉が必要になった場合は、労働組合と連携により会社交渉ができるため安心です。

即日退職連絡可能で、手続きは最短30分

退職代行Jobsは、可能な限り即日対応の連絡を心がけています。対応時間も24時間対応で、「もう辞めたい」と思ったときに対応してくれます。手続きも最短30分で、今日や明日にでも退職をしたいといった方には、ぴったりのサービスです。

「退職代行Jobs」のサービス情報

サービス名退職代行Jobs
タイプ民間業者
費用代行費用 27000円(税込)+労働組合 2000円(税込)
※退職ができなければ全額返金あり
料金プラン安心パックプラン (代行費用+労働組合)
シンプルプラン  (代行費用)
対応時間24時間対応
連絡方法電話・LINE・メール
支払い方法クレジットカード・コンビニ決済・現金翌月払い・銀行振込
特典・サポート・無料カウンセリング
・無料転職サポート
・給付金サポート

退職ができなければ全額返金!
退職できなかったとしても、返金もあるので安心して申し込むことができます。
>>退職代行Jobsのお申し込みはコチラ

 

民間業者でも、会社交渉ができるのは「退職代行Jobs」

どの退職代行サービスを選べば、安心して退職ができるのかを調査しました。今回は退職代行Jobs、民間業者、労働組合、弁護士事務所の調査を実施。その結果、退職代行Jobsなら民間業者でも労働組合との連携で会社交渉が可能です。

退職代行Jobs
×
労働組合
民間業者労働組合弁護士事務所
会社への連絡
退職手続きサポート
会社との交渉
損害賠償の対応
費用の相場27,000円(税込)
+
2,000円(税込)
25,000円

50,000円
30,000円前後60,000円前後

退職代行Jobsでは損害賠償の対応はできませんが、労働組合との連携により会社交渉をすることができます。例えば、「損害賠償の対応は必要ないけど、会社交渉をお願いしたい」ときなどは、退職代行Jobsがオススメです。

サービスを利用するときの流れ

サービスを利用するときは、次の流れで行います。

1・相談
2・入金
3・退職届提出
4・退職完了

1:相談

まずは、退職代行Jobsに相談します。

連絡方法は電話・LINE・メールですることができます。

2:入金

相談後にサービスを利用するときは、利用料金の入金になります。

入金確認後、希望の日時に退職に必要な連絡を会社に連絡してくれます。

支払い方法は、クレジットカード・コンビニ決済・現金翌月払い・銀行振込から選ぶことができます。

3:退職届提出

料金の支払いをしたら、会社に退職届を提出します。

退職届はテンプレートで作成できで、郵送で提出することもできます。

4:退職完了

退職日がきたら、退職完了になります。

退職が完了するまでは、回数無制限で相談することもできます。

退職代行Jobsのよくある質問

退職は、後任が見つかってからでないとできませんか?

人材確保は会社の責任ですので、あなたの責任ではありません。

今月分の給料はもらえますか?

給料は労働した対価ですので、会社に支払う義務があります。

退職金はもらえますか?

退職金の規定がある場合には、就業規則や雇用契約などの内容に従い支払われます。就業規則の確認をしておくといいかもしれません。

残っている有給は消化できますか?

有給休暇が残っていて従業員が申請すれば、原則として取得することができます。

失業保険はもらえますか?

失業保険は、雇用保険に基づき所定の条件を満たせば、後日ハローワークでの手続きにより支払われます。

勝手な退職は認められないと言われます。本当に退職できるのか気になります。

法律上は会社を辞める権利がありますので、退職できます。退職届や貸与品や私物のやり取りも郵送で出来ますので、顔を合わせる必要はありません。

会社から自分に連絡はきませんか?

必ずしも無いとは言い切れませんが、返事をするかしないかは、ご自身の意思で決めることができます。

非弁行為とは

第72条

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:弁護士法第72条 Wikibooks

非弁行為とは、「弁護士でない者が報酬をもらう目的で法律事件にかかわり、弁護士にしか許されていない業務に携わること」を指しています。

弁護士法72条で禁止されている、弁護士以外が行うことができない行為です。

団体交渉(会社交渉)とは

団体交渉(会社交渉)とは、労働組合が雇い主と労働条件などを交渉し、対等な立場で労働時間や賃金などの労働条件を文書などで約束を交わすことができる権利です。

退職に関する「交渉」は労働組合か弁護士でなければできません。

団体交渉権を持つ労働組合は、「退職日の調整」「未払い賃金の請求」などを含め、基本的には企業との直接交渉が認められています。

非弁行為にならない、退職代行サービス

退職代行Jobsは労働組合との連携で、「日本国憲法第28条及び労働組合法」によって保障されると解釈できるので、会社との交渉において非弁行為になることはなさそうです。

また、顧問弁護士による適正な業務で、サービスが違法ではないことを確認している退職代行サービスともいえます。

顧問弁護士が「いる」「いない」とでは、サービスを利用するにあたって安心感も違ってくるのではないのでしょうか?

まとめ:弁護士監修で、労働組合の連携もある「退職代行Jobs」はオススメ

退職代行Jobsは、弁護士監修のもと適正適法な業務を行っている退職代行サービスです。

労働組合との連携もあり、会社との交渉をすることもできます。

「本当に退職できるのかな?」「自分では会社と交渉したくない」など、思っている方にオススメです。

サービスを利用して退職ができなければ、全額返金もあるので安心して申し込むこともできます。

>>退職代行Jobsのお申し込みはコチラ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

自分の「5つの強み」を発見する方法

 

  • 気づけなかった自分の強みを知ってみたい
  • 自分の強みを聞かれたけど、うまく言えなかった
  • 自分に強みなんて、無いと思っている

などなど、思っている方に

自分の「5つ強み」の発見する方法をお伝えします。

自分の強みを知って、仕事探しに活用してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 普通の工場マンのブログ , 2021 All Rights Reserved.