悪口を言う人の特徴5選!職場にいたら気をつけてください!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 このブログは、主に職場の人間関係について書いているブログです。人間関係の悩みは、深いものがありませんか?こういった悩みは、どんな職業でもあると思うんです。ブログの主は、工場勤務がほとんどですが、お役に立てれば幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

なんで悪口を言うの?

こんにちは

「何であの人は、いつも悪口を言ってるのかな?」って、こんな感じで悪口を言う人がいるのか疑問に思ったことはありませんか?

悪口を言う人には、特徴があります。

特徴が分かれば、悪口をうまくかわすことができそうですね。

この記事で参考になるこです
  • 何で悪口を言っているのか気なる?
  • 悪口を言う人は、どんな人特徴があるのか知りたい
  • 悪口を言われたときの、対処法があれば知っておきたい

などなど、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

悪口は何に対して言うのか?

悪口は何に対して言うのでしょうか?

例えば、

  • 性格が、おとなしい
  • 見た目が、自分より弱そうに見える
  • 行動が、おどおどしている

などなど、何かにつけて言ってきます。

これらのことを、人を選んで言っているようです。

怖そうな人とか、強そうな人には、言いずらいですからね。

だからと言って、悪口を言っていい理由にはなりません。

それしかできない残念な人です。

悪口を言う人の特徴

悪口はどんな人が言っているのか、気になりますよね?

・小心者
・かまってちゃん
・足をひっぱろうとする人
・ストレスがたまっている人
・固定観念が強い人

小心者

小心者が言ってきます。

小心者なので、この相手なら大丈夫だと思い、特定の人にしか言えません。

例えば、

  • 自分より弱そうに見える人
  • おどおどしてしまう人

などの人に、悪口を言ってきます。

自分が勝てると思った人にしか、言ってこないんですよね。

その反面、小心者なので頭の上がらない上司とか先輩などには、ペコペコしています

かまってちゃん

自分がかまってほしくて、誰かの悪口を話題にしてきます。

悪口が大好物な人ですね。

例えば、

  • 共感してほしい
  • 同情してほしい

などなど、思っているんですね。

話題が誰かの悪口しか、思いつきません。

そして、それが生きがいになっているのかもしれませんね。

とにかくかまってほしいようです。

足をひっぱろうとする人

自分に余裕がなくて、悪口を言って足をひぱってきます。

例えば、何かに挑戦してみようとか思っている人に、

  • あいつには無理だ
  • どうせ成功できない

などなど、言ってきます。

自分だけ置いていかれるのが、嫌なんですね。

悪口を言って、同じ土俵に降ろそうとすることしか思いつきません。

そして、自分では何も行動できないので、悪口を言って足をひっぱり、同じ土俵にいさせようとしてきます。

ストレスがたまっている人

ストレス発散をしたいために、人の悪口を言っています。

悪口を言って、自分の感情を処理したいんですね。

例えば、

  • 仕事がうまくいってない
  • プライベートがうまくいってない

などなど、考えられます。

そのストレスのはけ口として、悪口を言ってきます。

悪口を言う相手を選んで、特定の人にやってくることが多いかもしれません。

固定観念が強い人

固定観念が強くて、自分とは意見などが違う人に悪口を言ってきます。

自分の意にそぐわないのが、気に入らないようです。

例えば、

  • 自分が正しい
  • 自分が1番まとも

などなど、思っているんですね。

視野も狭くて、自分のやり方に固執しているようです。

そして、自分の気に入らないことがあると、悪口を言ってきます。

悪口を言われたときの対処法

実際に悪口を言われたら、対処したいですよね。

対処法は次のことができそうです。

・逃げる
・無視する
・相談する

こちらの記事も良かったら参考にしてみてください!

>>>悪口のターゲットにされたときの対処法とは?

逃げる

悪口を言ってくる人から逃げます。

なるべく、勘づかれないように注意してですね。

あからさまに、逃げていると思われると、さらに悪口がひどくなるかもしれません。

悪口を言う人がきたら、トイレに行くふりなどして、さりげなくです(笑)

何か言われても「トイレに行ってました」で、済みますから。

この方法は、僕も使ったことがありました(笑)

無視する

無視をして、なるべく悪口を言われないようにします。

しかし、完全に無視をしてしまうと、悪口がひどくなるかもしれません。

無視をしてると思われないように、悪口が聞こえてなかったふりをします。

何か言われても、「少し考えごとをしてました」とか、「よく聞こえてませんでした」など言って、うまくやり過ごしてくださいね。

相談する

会社に信頼できる人がいれば、その人に相談します。

1番信頼できる人が、いいかもしれませんね。

「悪口の相談をされたよ」とか、言いふらされたりしたら、さらに悪口がひどくなるかもしれません。

そのことを考えてみると、やはり1番信頼できる人がいいと思います。

しかし、「会社に直接言うのは、ためらってしまう」とか、「会社に信頼できる人はいない」など、あるかもしれません。

その時は、弁護士や労働局などの専門家に相談するのも1つの方法だと思います。

悪口を言われていじめだと感じたら、それはもういじめです。

こちらの記事も良かったら参考にしてみてください!

>>>相談ができる専門家とは?

まとめ

「悪口を言う人の特徴5選!職場にいたら気をつけてください!」のまとめは、

  • 悪口は何に対して言うのか?
  • 悪口を言う人の特徴
  • 悪口を言われたときの対処法

悪口を言われると、嫌な気分になるし、悔しいですよね。

悪口を言う人の特徴は様々です。

そして、特徴を知ることができれば、うまくかわすこともできると思います。

悪口で消耗するのは、嫌ですからね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次のおすすめ記事

>>>悪口のターゲットにされた!職場での対処法5選!

スポンサーリンク

悩める方に読んでほしい記事です

この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 このブログは、主に職場の人間関係について書いているブログです。人間関係の悩みは、深いものがありませんか?こういった悩みは、どんな職業でもあると思うんです。ブログの主は、工場勤務がほとんどですが、お役に立てれば幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© 普通の工場マンのブログ , 2020 All Rights Reserved.