会社を無断欠勤しようと思っている?連絡はしないとまずい理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

怖くて連絡できません(涙)

こんにちは

「会社に行きたくないし、連絡するのも怖いんだよね」って、こんな感じで無断欠勤でもいいから、会社を休みたいと思ったことはありませんか?

怖い上司とかがいて、「行きたくない」「連絡するのが怖い」ってなると、無断欠勤でもいいかなってなるのもわかります。

ですが、無断欠勤をすると、あとあと面倒になるしリスクもあります。

できれば、無断欠勤は避けたいところですね。

この記事で参考になることです
  • 連絡はした方がいい理由
  • 無断欠勤になってしまう理由
  • 無断欠勤の考えられるリスク

などなど、参考にしてみてください。

無断欠勤より、連絡はしたほうがいいです

無断欠勤をしてでも、絶対に会社に行きたくない!

そう思っているんですから、よっぽど嫌な理由なんですよね。

例えば、

  • いじめやパワハラをしてくる、上司とか先輩
  • ムダに長い労働時間
  • 自分には合わないと感じている、職場の環境

などなど、嫌になるこっとてありそうです。

こんなことが、毎日あったらつらいですよね。

無断欠勤でもいいから、もう会社には行きたくないってのもわかります。

ですが、無断欠勤をしてしまうと、その時は楽になるかもしれませんが、あとあと面倒になります。

「ひっきりなしに、自分に連絡がくる」とか、「緊急連絡先に連絡が行ってしまう」とかですね(泣)

会社に連絡するのが怖いかもしれませんが、自分を守るためにも連絡はしてください。

休む理由は、何だっていいんです。

会社を休むのは悪くないことですし、誰にだって休む権利はありますから。

会社を休む理由については、こちらの記事も良かったら参考にしてみてください!

無断欠勤になってしまう理由

無断欠勤をしてしまう理由って、何があるのでしょうか?

連絡したくなかったり、連絡ができなかったりと、いろいろ考えられますね。

連絡をしたくなかった

連絡をしたくないのは、会社に何かの不満や問題があるからです。

例えば、

  • いじめやパワハラ
  • 長時間労働
  • 今の仕事が嫌い

などなど、考えられます。

働く環境が悪かったり、嫌な人がいたら、ストレスも溜まってきます。

限界になったら、「無断欠勤でもいいや」って、なるかもしれませんね。

連絡ができなかった

どうにもならずに、連絡ができないこともあると思います。

例えば、

  • 病気やけがで、体が動かなかった
  • 寝坊して、始業時間が過ぎてしまっていた
  • 出勤前や通勤中に、思いもしないトラブルが起こってしまった

などなど、考えられます。

「やってしまった」「なってしまった」と、不可抗力みたいな感じですね(泣)

「高熱が出て、思うように動けなかった」とか、「車が突然故障して、あせってしまった」とかです。

しかし不可抗力といっても、連絡がなければ無断欠勤になってしまいます。

無断欠勤のリスクは?

無断欠勤をすると、リスクがありそうですよね。

考えられるリスクは、次のことです。

  • 本人に連絡がくる
  • 緊急連絡先に連絡が行く

自分に連絡がひっきりなしにきます。

そして連絡がつかなかったら、緊急連絡先に連絡がいきます。

「事故や事件になっている可能性があるかもしれない」と会社は考えているので、安否確認ができるまで連絡をしてくるんですね。

懲戒解雇や損害賠償が請求される可能性は?

無断欠勤が原因で、損害賠償の請求や懲戒解雇になったケースはあるようです。

そうなってしまう可能性は、ゼロではないかもしれません。

そして懲戒解雇は、もし転職をするとなったときに不利になってしまいます。

無断欠勤をしてしまったら?

無断欠勤をしてしまったのは、しょうがないと思うんです。

行きたくなかったんですからね。

しかし放置すると、連絡がしづらくなったり行きづらくなって、どんどん状況が悪化してしまいます。

悪化する前に、連絡はした方がいいですね。

怖いかもしれませんが、勇気を出してください。

実は僕も、無断欠勤をしたことがあったんです。

何回も連絡がきたので、こちらから連絡をしました。

自分「無断欠勤をして、すいませんでした」

上司「〇〇君、いったいどうしたの?」

自分「頭ごなしに(上司の上司)が、怒ってきたんです。行くのが嫌になりました」

上司「そうかそうか、でも連絡はしてくださいね」

と、こんな感じで連絡をしてみると、意外とあっさりしていました。

上司も連絡がとれたし安否確認ができて、安心したような感じでしたね。

無断欠勤をしてしまった次の日は?

無断欠勤した次の日に、もし会社に行くのでしたら、言い訳よりも謝った方がいいと思うんです。

何も言わないでいると、気まずい感じになって居づらくなってしまいます。

そこで、言い訳をしたらボロが出るかもしれません。

ボロが出て、嘘をついてしまったら余計に気まずくなってしまうし、なにより自分がツライですからね。

自分が楽になるためにも、謝った方が良さそうです。

無断欠勤をした次の日については、こちらの記事も良かったら参考にしてみてください!

できれば、連絡はした方がいいです

あとあと面倒なことにならないように、連絡はしたほうがいいですね。

時間がたつほど、連絡をしづらくなってしまうし、行きづらくなってしまいます。

休む理由は何でもいいんです。

熱が出て動けないとか、腰が痛くて動けないとかでも。

無断欠勤はリスクもあるし、自分を守るためにもですね。

休む権利は、誰にでもあるんですから。

会社を休む理由については、『罪悪感はいらない!職場で使える休む理由【事前・当日】』も、良かったら参考にしてみてください。

無断欠勤をするほど、自分を追い込んでいませんか?

無断欠勤にならないように、連絡はしたほうがいいです。

とは言っても、どうしても連絡ができないこともあると思うんです。

例えば、「無断欠勤はよくないから、連絡はしなくてはいけない」でも、怖くて連絡ができないとかですね。

その原因は、もしかするとこんな感じなっていませんか?

  • 苦手な上司に言うことができない
  • 休むと嫌味を言ってくる先輩がいる
  • 休んだことを、しつこく聞いてくる同僚がいる

そんな人たちがいて、それがストレスになっていると思います。

そして、そのストレスが自分を追い込んでいるのかもしれませんね。

それが積み重なって、「無断欠勤でもいいから、会社には行きたくない」ってことになると思うんです。

そんな人たちのことは、気にしないでもいいんですよ。

休むこと自体は悪いことではないし、誰にでも休む権利はありますからね。

無断欠勤はリスクもあります。

連絡するのは怖いかもしれませんが、自分を守るためにも連絡はしてくださいね。

本当に連絡するのが無理なら、退職代行を使う方法もあります

悩みに悩んで電話を手にしたけど、どうしても連絡する勇気がでない(涙)

やっぱり無理なものは、無理なんですよね。

そんな会社が嫌で、退職の選択肢があるのでしたら「退職代行サービス」を使う方法もあります。

退職代行サービスは、自分に代わって退職の意思を伝えてくれます。

例えば、「怖い上司に会わなくても退職できる」といった感じです。

もう会社に行く気がないのでしたら、退職代行サービスを検討してみるのもアリなのかもしれませんね。

退職代行については、こちらの記事も良かったら参考にしてみてください!

まとめ

「会社を無断欠勤しようと思っている?連絡はしないとまずい理由」のまとめは、

  • 無断欠勤より、連絡はした方がいいです
  • 無断欠勤になってしまう理由
  • 無断欠勤のリスクは?
  • やっぱり、連絡はした方がいいです
  • 無断欠勤をするほど、自分を追い込んでいませんか?

無断欠勤はリスクもあるし、自分を守るためにも連絡はした方がいいです。

なるべくなら、リスクはない方がいいですからね。

しかし、どうしても連絡ができないこともあると思います。

今の会社が、無理そうなら退職を考えるのもアリなのかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

自分の「5つの強み」を発見する方法

 

  • 気づけなかった自分の強みを知ってみたい
  • 自分の強みを聞かれたけど、うまく言えなかった
  • 自分に強みなんて、無いと思っている

などなど、思っている方に

自分の「5つ強み」の発見する方法をお伝えします。

自分の強みを知って、仕事探しに活用してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 普通の工場マンのブログ , 2021 All Rights Reserved.