罪悪感はいらない!職場で使える休む理由【事前・当日】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

今日は休みたいな!

こんにちは

「会社を休みたいけど、自分だけ休んでもいいのかな」って、こんな風に罪悪感を感じたことはありませんか?

上司や先輩に気を遣い、自分だけ休んで悪いことしたのかなって、気になるのもわかります。

でも、休みはほしいですよね。

休む権利は誰にだってありますから。

そして休むとなったら、理由が必要なってきます。

そこで、休む理由を考えてみました。

この記事で参考になることです

  • 仕事を休むのに、罪悪感はいらない
  • 事前や当日に休む理由
  • 連絡方法や休んだ翌日の注意点

などなど、参考にしてみてください。

どうしても会社に行くのが無理でしたら、「退職代行サービス」もありますので、良かったら参考にしてみてください。あなたの代わりに退職の意思を伝えてくれます。

罪悪感を感じてしまう理由

会社を休んでしまって、罪悪感を感じてしまうことはありませんか?

例えば、

  • 休むことは、悪いことだと思っている
  • 周囲に迷惑をかけてしまう
  • 自分に厳しい

などなど、休んで罪悪感を感じてしまうことってありそうですね。

しかし、どうしても会社を休みたいことはあると思います。

それは悪いことではないし、休む権利もあります。

そこで罪悪感を感じてしまうあなたは、マジメすぎませんか?

マジメは良いことですし、マジメにしていることで信頼もしてくれると思います。

ですが、少し自分に甘えるときがあっても良いですよね。

自分を許してあげてください。

休むときは、最低限のことだけ伝えるようにします。

簡単に伝えて、余計なことは言わないようにしたほうが良いかもしれませんね。

もし、理由を聞かれたら伝えるようにしてください。

自分が休んでも大丈夫?

「自分が休むと、大変なことになる」と、感じていませんか?

1人休むと、職場がいつもより忙しくなることもあるかもしれません。

気になってしまうのも、わかりますが・・・

ですが、人材を確保するのは会社の責任で、あなたの責任ではありません。

責任を押し付けてきたら、会社に問題があると思います。

ですので、休むと決めたら思いっきり休んでしまいましょう(笑)

休む理由【当日編】

会社を休むと決めても、理由とか言い訳って困るときがありそうですよね。

対応した人(上司)に、「どんな感じ?」とか聞かれるかもしれません。

次の理由が無難そうですね。

  • 頭痛(熱がある)
  • 腹痛(下痢)
  • 腰痛

頭痛(熱がある)

やっぱり、定番はこれですね。

「頭痛がして、熱もあります」と、これだけ伝えてください。

「熱が何度あります」とか、「フラフラして歩けません」とかはいりません。

聞かれたら答えてください。

また、頭痛や熱はおそらくほとんどの人が経験していると思いますので、理解もしてくれそうですね。

腹痛(下痢)

これも無難な理由ですね。

やっぱり、くわしい理由は聞かれたら伝えてください。

「腹痛がして、下痢になってます」と、これだけです。

さらに、「下痢が止まらないので、トイレから連絡してます」と付け加えると、強烈かもしれませんね。

これも、ほとんどの人がなったことがあると思います。

理解もしてくれそうですね。

腰痛

腰痛も休む理由になります。

「朝起きたら、腰が痛くて立てません」と、こんな感じで伝えてください。

もし、会社に腰痛になった人がいたら、理解もしてくれます。

僕も実際に、腰痛になって2日ほど休んだことがありました。

同じ職場に腰痛の人がいて、理解もしてくれました。

しかし、次に会社に行ったときは、元気に歩かないように注意です。

休む理由【事前編】

事前に休むときは私用で大丈夫ですが、上司とかに理由を聞かれることもあるかもしれません。

そうなってくると、休む理由も必要になってきます。

次の理由が良さそうな感じです。

  • 家族を病院に連れて行く
  • 法事(親戚)
  • 自分の通院ため

家族を病院に連れていく

家族を病院に連れて行くのは、休む理由になりそうです。

「つきそいで、家族を病院に連れていかなくてはなりません」と、こんな感じです。

自分しか連れて行けないことを、アピールすると良いかもしれませんね。

もしかすると、どこの病院とか聞かれるかもしれません。

近くの病院とか、知っている病院を考えておいた方が良さそうです。

法事(親戚)

法事も休みやすい理由の1つですね。

事前に日程も決まっているので、すんなりと休めそうです。

また、法事は季節も関係ないので、いつでも使えそうな感じですよね。

しかし、使い過ぎには注意してください。

「この前も法事だったよね」なんてことに、なってしまいますから。

まれなことかもしれませんが、同じ職場に親戚がいるときは注意です。

「法事なんてあったかな?」なんてことになったら、困ってしまいますね。

自分の通院ため

通院も休む理由になります。

というか病院に行かせてくれない会社は、問題があると思いますが(汗)

「〇〇日に検査があるので、休ませてください」と、こんな感じで伝えてください。

何の検査とかは、いりません。

聞かれたら答えてください。

聞かれてもないのに答えたら、逆に怪しまれるかもしれませんからね。

会社(上司)への連絡方法

1番無難な方法は電話です。

電話なら直接に伝えることができますからね。

ですが会社によっては、メールやLINEでも大丈夫な場合があります。

僕のいた職場では、それでも大丈夫でした。

気になったら、確認してみるのが良いかもしれませんね。

もしかすると、上司に連絡がつかないことがあるかもしれません。

そのときは、総務などの連絡が取れるところにすると良いようです。

意外と、上司も休みだったりするかもしれません(笑)

会社を休んだ翌日の注意点

休んだことで、気まずい感じになってしまと居心地が悪くなってしまいます。

居心地が悪くならないように、次のことには注意するといいかもしれませんね。

  • お詫びする
  • お礼する
  • 行動に気をつける

気まずくなってしまうと次に休むときに、「また休んでるの?」みたいな感じになってしまいます。

特に、行動には気をつけてください。

例えば、腰痛で休んだのに元気に歩いていたら、怪しまれてしまいます。

怪しまれないように、注意してくださいね。

休むと決めたら、休むのが1番です

やっぱり休みたくなったら、休むのが1番です。

休んでしまって、罪悪感を感じでしまうこともあるかもしれませが、休むのは悪いことではありません。

休む権利は誰にだってありますからね。

思いっきり休んでしまいましょう(笑)

まとめ

「罪悪感はいらない!職場で使える休む理由【事前・当日】」のまとめは、

  • 罪悪感を感じてしまう理由
  • 休む理由【当日編】
  • 休む理由【事前編】
  • 会社(上司)への連絡方法
  • 会社を休んだ翌日の注意点
  • 休むと決めたら、休むのが1番です

休みたいと思ったら休む!

これが1番ですね。

休んでしまって、罪悪感を感じてしまうこともあるかもしれません。

ですが1人休んだとしても、会社はうまくやってくれます。

ゆっくり、休んでください(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

自分の「5つの強み」を発見する方法

 

  • 気づけなかった自分の強みを知ってみたい
  • 自分の強みを聞かれたけど、うまく言えなかった
  • 自分に強みなんて、無いと思っている

などなど、思っている方に

自分の「5つ強み」の発見する方法をお伝えします。

自分の強みを知って、仕事探しに活用してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 普通の工場マンのブログ , 2021 All Rights Reserved.