工場勤務は疲れる理由4つとなるべく疲れを残さない方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

疲れが取れません!

こんにちは

工場勤務をやっていると、疲れますよね(泣)

「ライン作業」「単調な作業の繰り返し」とかは、もちろん疲れますけど、それ以外にも疲れる理由がありそうですね。

例えば、

  • 夜間勤務
  • 長時間労働
  • 人間関係

などなど、疲れる理由が考えられます。

仕事だけでも疲れるのに、さらにめんどくさいことがあると余計にですね。

この記事で参考になることです
  • 疲れる理由ってなに?
  • なるべく疲れを残さない方法
  • 休日はゆっくりしたい

などなど、参考にしてみてください。

工場勤務が疲れる理由

夜間勤務は疲れる

夜間勤務は、辛いし、疲れます。

夜に働いて昼間に寝なくてはいけませんので・・・

例えば、夜間勤務をしていると、

  • 昼間はなかなか眠れない
  • 体内時計が狂う
  • 生活が不規則になる

などなど、不規則な生活時間や体力の低下が疲れの原因になると考えられますね。

昼夜逆転の生活になるので、疲れるのも当然って感じです。

長時間労働で疲れる

長時間労働も疲れますよね。

どのくらい働いたら、長時間労働か明確な定義はありません。

目安としては、月平均80時間を超えると長時間労働になるようです。

そして、長時間労働をずっと続けていると、疲労感も溜まってくるし、体への悪影響も出てきそうです。

例えば、

  • 慢性的な睡眠不足
  • 無理な残業をしている
  • ストレスが溜まってしまう

などなど、疲れてしまう原因はあると思います。

長い時間働いていると、疲れが溜まるのも当然ですよね。

通勤時間が長くて疲れる

通勤時間にどのくらい時間を使っているのでしょうか?

通勤時間が長いと、それだけで体が疲れそうですよね。

例えば、毎日の通勤で往復4時間使っていると、1週間で20時間を通勤に使っていることになります。

通勤だけでも、けっこう時間を使っているんですね。

こんな感じで、通勤に時間を使っていると、疲れるのも当然になってきます。

このように時間や体力を奪われてしまうと、仕事に集中できなくなったり、休日に無気力になってしまいそうです(泣)

通勤時間が長いと、時間や体力を奪われるので、疲れる原因になってしまいますね。

人間関係に疲れる

人間関係で、疲れることもあると思います。

ごく普通のコミュニケーションならいいのですが、中にはめんどくさい人もいませんか?

例えば、

  • 休憩のたびにちょっかいをしてくる
  • マウントを取ってくる
  • 自分が気に入らないとすぐにキレる

こんな感じの人は、めんどくさいし、なにより疲れますよね。

できれば、あまり関わりたくないですが、どうしても仕事上で関わらければいけないこともあると思います。

いちいち構っていたら、こちらが精神的にも体力的にも疲れてしまいます。

人間関係で疲れないように、これらの人にはあまり関わらないようにしたいですね。

なるべく疲れを残さない方法

疲れを完全に取れたらいいのですが、なかなかうまくいできないこともあると思います。

次の方法で、疲れはある程度とれそうな感じです。

睡眠時間の確保

疲れを残さないためにも、なるべく睡眠時間を確保したいですよね。

睡眠時間が少ないと、パフォーマンスも低下してしまいますから。

個人差はあるかもしれませんが、できれば7~8時間は寝るのがいいかもしれませんね。

しかし、睡眠時間を確保するのは難しかもしれませんが、少し工夫してみたらどうでしょうか?

まず睡眠時間を決めて、その他のことを決めていくことです。

例えば、娯楽の時間を減らしてみたり、パソコンやスマホの時間を減らしてみるとかですね。

ついつい楽しくてやってしまうのもわかりますが、この方法だと少し睡眠時間を増やすことができそうです。

マインドフルネス瞑想

寝てみても、いまいち疲れが取れないこともあるかもしれません。

それは、脳も疲れているかもしれないです。

やっぱり、心も体も疲れは取りたいですよね。

マインドフルネス瞑想は、疲労回復の効果があります。

その他にも、「睡眠の質の向上」「集中力のアップ」などの効果も期待できそうですね。

僕も実際にやってみましたが、頭がスッキリした感じになりました。

なるべく疲れが残らないように、ためしに1回やってみてはいかがでしょうか?

こちらは、マインドフルネス瞑想のオススメしたい動画です!

まとめ

「工場勤務は疲れる理由4つとなるべく疲れを残さない方法」のまとめは、

  • 工場勤務が疲れる理由
  • なるべく疲れを残さない方法

疲れが残ってしまうと本領発揮ができなくなってしまいます。

うまく疲れを残さないようにしていきたいですね。

体は大切な資本ですから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

自分の「5つの強み」を発見する方法

 

  • 気づけなかった自分の強みを知ってみたい
  • 自分の強みを聞かれたけど、うまく言えなかった
  • 自分に強みなんて、無いと思っている

などなど、思っている方に

自分の「5つ強み」の発見する方法をお伝えします。

自分の強みを知って、仕事探しに活用してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 普通の工場マンのブログ , 2020 All Rights Reserved.