退職代行サービスのNEXTを調査!選ばれる3つの理由とサービスの流れを紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

「退職代行サービスのNEXTは、どんなサービス?」と、こんな感じの疑問はありませんか?

退職代行サービスは、自分の代わりに退職の意思を伝えてくれるサービスです。

損害賠償をされたときの対応や未払い給料の請求ができて、料金もリーズナブルな「退職代行サービスのNEXT」は安心できるサービスといえます。

この記事のポイント
  • 退職代行サービスのNEXTが選ばれる3つの理由
  • 退職代行サービスのNEXTのサービス情報
  • 料金もリーズナブルで損害賠償の対応や未払い給料の請求が可能

などなど、参考にしてみてください。

全額返金あり!退職代行サービスのNEXTで安心退職

法律のプロの弁護士が退職までフルサポートしてくれる「退職代行サービスのNEXT」。

退職内容に合わせた金額で、リーズナブルにサービスを提供してくれます。

退職ができなければ全額返金もあるので、安心して申し込むことができます。

>>>退職代行サービスのNEXTのお申込みはコチラ

退職代行サービスのNEXTが選ばれる3つの理由

法律のプロの弁護士が退職を代行してくれる

退職代行サービスのNEXTは、法律のプロの弁護士が専任でフルサポートしてくれます。退職を言い出しにくい環境でも、弁護士が対応してくれので安心して任せることができます。

日本全国で即日対応

退職代行サービスのNEXTの事務所は、東京都にありますが日本全国対応になっています。例えば、東北地方にいても対応可能です。そして、申し込みをすれば即日で対応してくれます。

料金もリーズナブルで、全額返金あり

退職代行サービスのNEXTは、民間業者の退職代行とほぼ同じくらいの料金設定になっています。別途の費用がかかることもありますが、退職できなかった場合は全額返金もあります。

退職代行サービスのNEXTの会社情報

サービス名退職代行サービスのNEXT
タイプ弁護士事務所
費用30,000円(税別)+消費税+別途でかかった費用
※退職ができなければ全額返金あり
対応時間電話 平日9:00~19:00 LINE 24時間
連絡方法電話・LINE・メール
支払い方法クレジットカード・銀行振込(後払もOK)
特典・サポート無料相談

費用がリーズナブルで全額返金もあり!
もし、退職できなかったとしても返金もあるので安心して申し込むことができます。
>>>退職代行サービスのNEXTのお申込みはコチラ

弁護士なのにリーズナブルな「退職代行サービスのNEXT」

退職代行のサービス内容の違いを調査しました。今回は、退職代行サービスのNEXT、民間業者、労働組合の調査を実施。その結果、退職代行サービスのNEXTは、退職内容に合わせて費用をリーズナブルにすることができます。

退職代行サービスのNEXT民間業者労働組合
会社への連絡
退職までのサポート
会社との交渉
金銭請求
有給取得の交渉
損害賠償の対応
費用の相場30,000円(税抜)
+
消費税
+
別途でかかった費用
約25,000円

約50,000円
30,000円前後

退職代行サービスのNEXTは、金額面で見ると労働組合の退職代行とほぼ同じくらいと言えます。ですが、労働組合の退職代行では、損害賠償を請求されたときの対応ができません。損害賠償の請求が心配といった場合は、退職代行サービスのNEXTがオススメです。別途の費用がかからなければ、リーズナブルに費用を抑えることもできます。

サービスを利用するときの流れ

サービスを利用するときは、次の流れで行います。

1・無料相談
2・料金の支払い
3・委任契約書締結
4・退職代行スタート
5・退職完了

1:無料相談

電話・メール・LINEから無料相談することができます。

無料相談後、今の悩みや状況をお伺いするとともに退職代行に関する説明になります。

2:料金の支払い

相談した内容で納得したら、代行費用の支払いになります。

支払い方法は、銀行振込・クレジットカードが可能です。

急ぎのときは、後日振込の後払いもOKです。

3:委任契約書締結

入金確認後、メール・LINEで委任契約書などが送られてきます。

WEB上でサインして、締結できるので簡単です。

4:退職代行スタート

指定の日時に退職代行の実行になります。

退職手続きが完了するまで、回数無制限で対応が可能になっています。

5:退職完了

退職実行後、書類などがそろったら退職完了です。

退職代行サービスのNEXTのよくある質問

本当に退職できますか?

退職は労働者が持つ権利です。

また、今まで退職できなかったケースは、ありませんのでご安心ください。

退職を家族に知られることはありませんか?

家族へ連絡しないようお伝えいたしますので、その旨を担当者へお申し出ください。

しかし、企業への強制力はないので、ごくまれに連絡がきてしまうことがあります。

会社から訴えられることはありますか?

会社に損害を与えた場合は、訴えられる可能性があるかもしれません。

裁判に費用と時間がかかるので、たいていの場合は和解で済みますが、与えた損害により異なりますので一度ご相談ください。

有給休暇の消化はできますか?

有給休暇について有無等を確認し、その上で具体的な退職日を決定いたします。

離職票や源泉徴収票の発行は可能ですか?

離職票は翌月10日の発行が法的期限となります。

個別に催促することは可能ですが、通常伝えなくとも後日郵送で送られてくるケースがほとんどです。

会社から連絡はきますか?

弁護士を通じて連絡を行うように伝えています。

しかし、会社によっては本人へ連絡してしまう場合もあります。

ですが、対応していただく必要はありません。

就業規則上、退職の意思表示は30日前にしなければならないと書いてあるのですが?

就業規則上の効力よりも民法上の効力が優先されます。

民法上では14日になっています。

有給休暇が14日間あった場合欠勤扱いとならずに済む場合もあります。

社宅に住んでいますが、退職できますか?

ほとんどの場合は、退職日までに退去していただくケースが多いです。

出向く必要はありますか?

全て電話、メール、LINEにて完結するようにしております。

電話で相談したいです

相談料は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

非弁行為とは

第72条

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:弁護士法第72条 Wikibooks

非弁行為とは、「弁護士でない者が報酬をもらう目的で法律事件にかかわり、弁護士にしか許されていない業務に携わること」を指しています。

弁護士法72条で禁止されている、弁護士以外が行うことができない行為です。

金銭請求とは

未払い給料や残業代などの金銭請求は、弁護士なら行うことができる交渉です。

もし、「未払い給料を請求したい」「残業代の請求をしたい」など、金銭請求を代理人として依頼することができます。

非弁業者に依頼してしまうと、こういった交渉がすることができません。

まとめ:法律のプロの弁護士がフルサポートで、料金もリーズナブルな「退職代行サービスのNEXT」はオススメ

退職代行サービスのNEXTは、法律のプロの弁護士が退職までフルサポートしてくれます。

「未払い給料」「損害賠償を請求されたときの対応」など、非弁行為にならない弁護士なら安心して任せることができます。

料金もリーズナブルで、全額返金もあるので安心して申し込むことができます。

>>>退職代行サービスのNEXTのお申込みはコチラ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

自分の「5つの強み」を発見する方法

 

  • 気づけなかった自分の強みを知ってみたい
  • 自分の強みを聞かれたけど、うまく言えなかった
  • 自分に強みなんて、無いと思っている

などなど、思っている方に

自分の「5つ強み」の発見する方法をお伝えします。

自分の強みを知って、仕事探しに活用してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 普通の工場マンのブログ , 2021 All Rights Reserved.