工場勤務に資格は必要?玉掛け技能講習に行ってきました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

読者のみなさん、こんにちは

 

玉掛けの資格を取りたい

玉掛けの資格を取りに行く予定がある

と思っている方いらっしゃいませんか?

 

この記事で参考になること

  • 玉掛けのを取りたいと思っている
  • これから取りに行く予定だけど不安なことがある
  • どんなことを受講するのか知りたい

 

など、思っている方におすすめです。

 

僕が玉掛け技能講習を受講しに行ったことを書いてみました。

参考になれば幸いです。

 

玉掛けの業務とは?

 

玉掛けの業務ですが、

玉掛けの業務とは、

クレーンや移動式クレーンなどで荷物をつるときに、

ワイヤロープやチェーンなどの荷物を吊り上げるための用具の準備から、

当該用具を用いてフックへ用具を掛ける作業、

フックから用具を取り外す作業までの一連の作業をいいます。

参考:コベルコ教習所

 

例えば、クレーンゲームを2人でやって、

操作する人引っ掛かるのを見る人に分かれて、

引っ掛かるのを見る人の方です。

 

 

実際には、ワイヤーとかフックなどの道具を使い上げていきます。

そして、クレーンの運転者に節目で合図を送ります。

  • 荷物に装着の確認
  • 荷物を上げるときの確認
  • 移動中の確認
  • 荷物を下げて着地までの確認
  • 道具の取り外しの確認

ここまでが、一連の作業になります。

 

学科の講習と試験

 

 

学科の講習は12時間です。

2日目に試験があります。

 

学科講習

 

学科の12時間の内訳ですが、

  • クレーン等に関する知識 1時間
  • クレーン等の玉掛けの方法 7時間
  • クレーン等の玉掛けに必要な力学に関する知識 3時間
  • 関係法令 1時間

これを、2日間にわたって受けます。

 

力学とか法令とか難しそうなことをやりそうですが、

講師の方がテキストにアンダーラインを引くように教えてくれます。

アンダーラインの部分が試験に出てきます。

 

 

力学の計算もやりましたが、これも試験に出ました。

講師の話を聞いてればわかりましたので、

特別、難しいものではありませんでした。

 

しかし、けっこう眠くなってきましたので、眠気には注意が必要です。

 

学科試験

 

2日目の最後に試験があります。

試験は、ペーパーテストでした。

 

内容は

  • 選択問題
  • 計算問題

です。

 

講習を聞いていればわかりましたので、

特に難しいことはありませんでした。

 

実技の講習と試験

 

 

実技の講習は7時間です。

あらかじめ、用意するものがありますが、

受講する機関によっては一部の用具を貸し出してくれる所もあるようです。

  • ヘルメット
  • 安全靴
  • 皮製の手袋
  • 雨具

僕の受講した機関では、ヘルメットと皮製の手袋の貸し出しはしていました。

※貸し出しが必要な場合は、受講する機関に問い合わせると良いかもしれないです。

購入される場合はこちらからどうぞ

購入を検討される方はこちらをどうぞ!

 

安全靴

安全靴 ミドリ安全 MZ010J ブラック[耐滑 軽量 短靴]【23.5〜28.5cm】
created by Rinker

 

ヘルメット

【作業用品】【ジーベック XEBEC ヘルメットひさしタイプ-フリーサイズ(53〜62cm) 18702】作業現場 高所作業 危険を防止・軽減 頭部感電防止 ホワイト 白 ブルー 青 ネイビー 紺 3色展開 衝撃吸収ライナー構造 あご紐付き ヘッドバンド付き
created by Rinker

 

皮手袋

COVERWORK カヴァーワーク 皮手袋 グローブ 牛革 手首マジックテープ付 手のひら補強アテ A級クレストレインジャー手袋アテ付 TREVENTO【ワーク】 【作業用手袋】
created by Rinker

 

実技講習

 

実技の7時間の内訳ですが、

  • クレーン等の運転のための合図 1時間
  • クレーン等の玉掛け 6時間

これを3日目に受けます。

 

学科より実技ほうが大変でした(泣)

 

講習では、

  • ヘルメット、安全靴などの作業前の安全確認
  • ワイヤーなどの道具の確認
  • 合図の方法
  • 指差呼称のポイント

などの一連の作業を習います。

 

これらのことを、覚えないといけませんので注意が必要です。

 

実技試験

 

講習で習ったことをそのままやります。

 

ポイントとしては、

  • 作業前の保護具や使用する道具の確認
  • クレーン運転者への合図
  • 安全な場所への退避確認

これらのことを忘れると減点が多いらしので要注意です。

 

まとめ

 

玉掛け技能講習は

  • 玉掛け業務とは?
  • 学科の講習と試験
  • 実技の講習と試験

 

落ち着いてやれば大丈夫だと感じました。

しかし、ごくまれに落ちてしまう人もいるようです。

 

気負いせずに受けてみるのが良いかもしれないです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

資格を活かしたい方はこちらからどうぞ

 

 

自分の「5つの強み」を発見する方法

 

  • 気づけなかった自分の強みを知ってみたい
  • 自分の強みを聞かれたけど、うまく言えなかった
  • 自分に強みなんて、無いと思っている

などなど、思っている方に

自分の「5つ強み」の発見する方法をお伝えします。

自分の強みを知って、仕事探しに活用してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
北関東の出身です。 主に工場で働いてる契約社員や人材派遣の方に向けて書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 普通の工場マンのブログ , 2020 All Rights Reserved.